数字の表現

8のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「8」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「8」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「8」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・8個
 ・8回
 ・8冊 etc

 
まず最初に、上記の【同じ手話で表現できる別の言葉】からお話ししますね。
 
めっちゃ簡単に言うと、
 
数字の後につける単位は、手話では表現しなくていい場合がある
 
という感じになります。
 
ただ、勘のいい方はもうお気づきだと思いますが、
 
「表現しなくていい"場合がある"」とお伝えしたのは、
 
お察しの通り、そうでない場合が存在するということです。
 
要は、手話の世界では
 
数字の後に単位を表現しなくていい場合と
 
単位までしっかり表現しなければいけない場合の2パターンがあるということですね。
 
これについては、以下の記事で詳しくまとめてますので
 
ご興味ありましたら合わせてご参照ください♪

 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説! 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 

ちなみにですが、
 
この「8」という手話、
 
人によってはものすごく表現しづらい場合があります。
 
実は私もそうなのですが、
 
「8」を表現する際に、薬指が曲がらないんですよw
 
(先ほどの参考動画をもう一度ご覧いただければわかると思います)
 
本来であれば、
 
小指と同じように薬指も曲げて表現するのが
 
正しい手話動作なのですが、
 
これができないという方って結構いらっしゃるんですよね。
 
なので、実際にやってみていただいて
 

 
あ!これ、私もできない!
という方は、以下の記事を参考に表現方法を練習してみてください
 
コツをつかめば誰でも問題なく表現できるようになりますよ!

 
手話の数字で8ができないならこんな風に♪指文字の画像付きでご紹介!
 

手話の数字で8ができないならこんな風に♪指文字の画像付きでご紹介!


 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング