数字の表現

9のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「9」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「9」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「9」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・9個
 ・9回
 ・9冊 etc

 
最初に【同じ手話で表現できる別の言葉】についてお話ししますね。
 
実は、手話の世界では
 
「~個」とか「~回」とかの単位は表現する必要がなくて、
 
数字を表現するだけでしっかり意味が通じるんです。
 
なので、例に挙げた3つの意味以外にも
 
「9匹」とか「9本」とか、
 
単位をつけなくてもいい言葉は結構あるんですね。
 
でも、中には単位をしっかりつけて表現しなくちゃいけないものも存在していまして、
 
これの区別の仕方等をここでお話しすると記事のボリュームがすごいことになるんですよw 汗
 
ですので、単位をつけるべき言葉とそうでない言葉について、
 
以下の記事で見分け方をまとめてみました!
 
ぜひ合わせてご参照いただけましたらです♪
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説! 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 
ちなみに、「9」という手話の表現方法についてですが、
 
基本は参考動画でご覧いただいた形で覚えていただければ大丈夫です。
 
ただ、ここで注意していただきたいのが、
 
読み手が「8」という手話表現と混同しないように
 
きちっと表現する必要があるという点です。
 
「9」という手話は、相手が自分の手話を見る角度などによっては
 
「8」に見える場合もなくはないので、
 
(またその逆も然りです)
 
ほんのちょっとだけ意識して表現するようにするとベストです。
 
しっかり表現を区別したいという方は、
 
以下の記事を参考に練習していただければと思いますので、
 
ぜひご参照くださいね♪

 
手話の数字で8ができないならこんな風に♪指文字の画像付きでご紹介!
 

手話の数字で8ができないならこんな風に♪指文字の画像付きでご紹介!


 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング