数字の表現

9000のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「9000」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「9000」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「9000」の手話動画はこちら
 

 

同じ手話で表現できる別の言葉

 ・9000個
 ・9000回
 ・9000冊
 ※詳しくは記事末尾の「単位」のお話をご覧ください

 
参考動画をご覧いただければわかりますが、手話自体は簡単ですよ♪
 
片手で数字の「9」を表現して、
 
そのままの状態で漢字の「千」を大きく空中に書きます。
 
「9」という手話をしながら「千」という字を書くので「9000」という意味になるんですね♪
 
理屈もセットで覚えた方が理解しやすいと思うので、ぜひ覚えておきましょう!

スポンサーリンク

 

この手話は、人によって"クセ"が出やすい手話なんですね。
 
例えば、この手話をパパっと早く表現したりすると、空書の形が
 
「千」ではなくて数字の「9」に近い形になるケースが多いです。
 
急いで空書すると、「千」のように直線的な動線よりも「9」のように曲線的な軌道を描くことが多いためです。
 
でも大丈夫です。身構える必要はないですよ♪
 
大事なのは「慣れ」ですw 慣れ♪
 
イメージとしては、『基本の表現の形は「千」という字だけど、
 
人によっては「9」に見えることもある』という程度で問題ないですよ。

 
合わせて読みたい!
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 
↑こちらの記事では、「単位」に関するお話をまとめた記事です。
 
手話の世界の単位も日常会話で頻出する表現なので
 
この機会に勉強しておきましょう!

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング