手話表現

手話での自己紹介で趣味の表現ってどうやるの?動画付きで解説!

こんにちは~
 
今回も、自己紹介に関するお話です♪
 
本記事で扱うのは、「趣味」です!
 
自己紹介の定番かつ一番個性が出るというか、
 
その人の好きなもの、好みがわかる大切なポイントですよね。
 
初対面でも、
 
自分が好きな漫画とか、得意なスポーツが一緒な人が見つかると、
 
一気に仲良くなれますし、話も弾みますからね~
 
というわけで本記事では
 
自分の趣味を相手に伝える方法を動画付きで解説し、
 
加えてちょっとしたワンポイントアドバイスをお伝えできればと思います。
 
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

手話の自己紹介で趣味ってどう伝える?

えっと、まずはキーワードから見ていきましょうか。
 
趣味」という単語は、以下のように表現します。
 

「趣味」の手話動画はこちら↓
 
あと、ちょっとおまけですが、
 
得意」という手話も関連単語としてご紹介しておきますね♪
 
「得意」の手話動画はこちら↓
 
で、趣味を相手に伝える際の定型文ですが、以下のような感じになるかと思います。
 
「私」 「趣味」 〇〇
 →「私の趣味は〇〇です。」
 
趣味と言うより、特技に近いな~ とか、
 
少し自信があるような場合は、以下のように伝えてもいいですね。
 
「私」 〇〇 「得意」
 →「私は〇〇が得意です。」
 
 
…と、ここまでサラサラ~っとお伝えしてきましたが、
 
実際のところは↓こんな風にお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
 
う~ん
 正直、「趣味」とかの単語はわかってるんだよね…
 肝心の〇〇の部分の単語表現が分からないんだけど…
 
確かにその通りです。
 
記事冒頭で「趣味は、一番個性が出る」とお話しした通り、
 
人によって好きなものや得意なことって違いますから、
 
定型文の中にあった「〇〇」の部分は、千差万別ですからね。
 
きっと、この記事にお越しの方の半分以上は、
 
「〇〇」の部分の表現が分からなくて苦戦中の方なのではないかと思います。
 
でもご安心ください。
 
そこら辺についてもちゃんと解決策をご提示しますよ♪
 
では、ここからは、
 
「〇〇」の部分の単語表現をどのように調べればいいのか、
 
その方法について詳しくお話ししていきますね!

手話で趣味の表現はどう調べる?

手話単語の表現を調べる方法としてはいくつかの方法がありますが、
 
最も手っ取り早い方法は、身近なろうの方に直接聞いてみるという方法になります。
 
やはり、普段から手話を使っている、
 
いわば手話のネイティブにあたる ろうの方たちは、我々よりワードチョイスのセンスや
 
語彙力が高い傾向にありますから、より適切な表現を教えてもらえることが多いんですね。
 
でも、実際問題、ろうの方の知り合いがいない人も多いでしょうし、
 
わざわざ趣味の手話表現を聞くのはちょっと気が引ける…という方もいらっしゃるでしょう。
 
なので、現実的な方法としてはインターネットで検索するという方法に落ち着くかと思います。
 
で、オススメの検索サイトなのですが、
 
今からこの記事に書くと、記事の文字数が膨大になってしまうので、
 
別の記事に詳しくまとめてみました!
 
以下の記事になります☆
 

手話単語の検索方法!分からない表現を一覧で調べられるマル秘ワザ! 

手話単語の検索方法!分からない表現を一覧で調べられるマル秘ワザ!


 

 
↑こちらの記事では、
 
オススメの手話単語検索サイトを3つご紹介しています。
 
ご紹介している3つのサイトには
 
すべてサイト内検索機能がついていますので、
 
サイト内にある検索窓に探したい単語を入力して検索をかけていただければ、
 
かなりの確率でお探しの単語が見つかると思いますよ♪
 
ちなみにですが、
 
リンク先の記事で最初にご紹介したサイトで、
 
半数以上の方はお探しの単語が見つけられると思います。
 
基本的に、ご紹介している3つのサイトは、
 
上から順に「メジャーな単語が多く載っているサイト」となっており、
 
下に行くほどマイナーな単語が多く収録されている傾向にあります。
 
なので、もしあなたが競技人口の少ないスポーツや、
 
マイナーな趣味をお持ちの場合は、上の方のサイトでは検索できない可能性が高いので、
 
下の方でご紹介しているサイトで検索してみることをオススメします。

スポンサーリンク

手話で趣味を伝える方法を動画で♪

先ほどもお話ししました通り、趣味を相手に伝える際、
 
「趣味」という単語を使うの「得意」という単語を使うのとで、そこまで差異はありません。
 
なので、そこらへんはあまり意識する必要はないですよ~
 
で、ここでちょっとしたワンポイントアドバイスをお伝えしますね。
 
この「得意」という手話についてですが、
 
表現の仕方や表情によって付加的な意味を足すことができます。
 
例えば、
 

「私」 「野球」 「得意」
 →「私は野球が得意です。」
 
↑という例文でご説明しますと、
 
なめらかに、普通にこの文章を表現すると
 
 
僕、野球得意なんだ。
 
↑といった感じの印象になりますが、
 
「得意」という手話を表現するときに、
 
顔や手に力を込めて勢いよく前に出すように表現すると、
 
 
俺、野球めっちゃ得意なんだぜ(どやぁ☆)
 
↑といった具合に、自信満々な様子をプラスして伝えることができるんです。
 
このように、表情や表現の強弱などで、
 
表現に感情を乗せることができるのも手話の魅力ですから、
 
ろうの方などと手話で会話する際は、こういった点にも注目してみると
 
より活きた手話を身につけることができますよ♪

まとめ

今回は、趣味の表現についてお話ししました。
 

 
こんな記事もオススメ!
 
会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑ここまで本当にお疲れさまでした!
 
自己紹介の文法や表現方法が一通り理解出来たら、いよいよ次のステップ!
 
より実践的な会話表現を身につけていきましょう!
 
 
こちらの記事では、覚えておくととっても便利な
 
頻出単語の解説記事をまとめたものになります。
 
ぜひこの調子で勉強を進めていってくださいね♪
 

 
ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング