都道府県の表現

手話の都道府県を一覧で!動画付きで由来と一緒に解説します!

こんにちは~
 
今回は、
 
【都道府県の表現】を一覧でご紹介していきますよ!
 
 
手話の自己紹介で住所や出身の表現法!重要単語&地名を動画で解説!という記事でもお話ししましたが、
 
都道府県の表現(大きくまとめると地名の表現ですね)は、
 
汎用性も高くてとっても便利な単語が多いんです。
 
また、会話の肝というかキーワードにもなりやすいので、
 
早めに覚えておくことをオススメします!
 
本記事では、そんな都道府県の手話表現を細かく動画付きで確認いただけるよう、
 
一覧にしてまとめました。
 
由来などを用いた覚え方や、
 
知っておくと便利な豆知識なども合わせてお伝えしていますので
 
頑張って覚えていきましょう!
 

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

【PCで本記事をご覧の方へ】

気になる単語がありましたら、
「右クリック」→「新しいタブで開く」で、
気になった単語解説記事をズラーっと一気に並べることができますのでご活用ください♪

 

手話の都道府県を一覧でご紹介!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにワンステップ!

・さらに細かい地名を知りたい方は、
以下の記事も合わせてどうぞ!
 →【地名を表す手話単語一覧】はこちら!

スポンサーリンク

 
 
 

おまけトーク

さて、ここからはちょっと余談になります
 
この記事をお読みの方の中には、
 

 
手話、ちょっと興味あるなぁ
 
手話を勉強してみたいけど、何から始めればいいかわからない…
 
↑などなど、
手話そのものに興味をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
 
確かに手話の勉強って、何から手をつけるべきかで悩む方は多いですし、
何なら悩みすぎて結局そのままフェードアウトしてしまう方もかなりいらっしゃいます。
 

ただ、東進ハイスクールのカリスマ英語講師である安河内先生もこうおっしゃってました。
 
 『英語なんて"言葉"なんだ!こんなものやれば誰だってできるようになる!』
 

↑これ、おんなじことが手話でも言えるんです♪
 
 
手話だって言語ですからね!
 
 
当然私も、最初はゼロの状態から勉強を始めて、
今では手話通訳を100回以上担当できるまでになりました
し、
 
やり方次第では、1、2か月で日常会話レベルの手話を習得するのも無理な話ではありません。
 
(↑これにはちょっと裏ワザ的な勉強法が必要になりますけどねw)
 
 
繰り返しになりますが、手話だって"言語"です
 
どんなやり方だろうと、根気よく続ければいずれはできるようになるので、
あとは、「あなたがどのくらいのスピードで手話を習得したいのか」だけなんですよ!
 
努力をした先に、必ずゴールがあって、
その道中の工夫次第でいくらでもゴールを早められるんです♪

 
 
手話に興味を持ったこのタイミングを、ぜひモノにしていただければと思います

 
 

 

 
 

まとめ

 
今回は、手話の都道府県の表現についてまとめてみました。
 
 
合わせて読みたい!
 
自己紹介の手話表現の仕方を動画付で解説!これを読めばもう困らない!
 

自己紹介の手話表現の仕方を動画付で解説!これを読めばもう困らない!


 
↑こちらの記事は、
 
住所や出身地の表現を覚えた後に一緒に勉強しておきたい
 
【自己紹介の表現】について細かく解説した記事になります。
 
名前や年齢の表現、趣味など、様々なトピックに分けてお話ししていますので、
 
この機会に一緒に覚えてしまいましょう!
 

 
ちなみにですが、
 

 
〇〇っていう単語は、どうやって表現するの?
 
↑といった具合に、
 
手話表現を知りたい言葉がありましたら、お気軽にコメントいただけますと嬉しいです♪
 
(コメントは、記事末尾ののコメントフォームから簡単に投稿できます☆)
 
可能な限り、今後の手話単語解説記事の作成に反映いたします♪
 

ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントは4件です

  1. 髙瀬加奈子 より:

    手話で伊香保と別府の表現を教えて下さい。

    • sumomon より:

      髙瀬加奈子さん

      コメントありがとうございます。

      『伊香保』と『別府』ですね。

      まず、『伊香保』については、「香り」という漢字が含まれていることから、
      「におい」「空気を吸う」といった手話で表します。

      右手の人差し指と中指を立てて、他の指は閉じます(チョキの形ですね)。

      で、その手の指先を自分に向けて、奥から自分の鼻に向かってスッと動かしましょう。

      この時、表現しながら口パクで「いかほ」と言いながら表現してくださいね

      (↑この口パクのことを「口型」といいます)

      で、『別府』の方は、「温泉」という手話に近い表現になります。

      右手の人差し指、中指、薬指を立てて、指文字の『ゆ』の形を作ります。

      そして、左手で指文字の『よ』の形を作り(4本指は広げずに揃えてください)、
      そこに右手をトントントンと3回ほど収めるようにして当てて表現しましょう。

      …と、言葉で説明してもなかなか伝わりづらい部分もあるかもしれませんね 汗

      なので、今回ご質問いただいた2つの単語については、動画付の専用解説ページを作成しますので、詳しい表現等についてはもう少しお待ちいただけますと幸いです。

      遅くとも今月中にはアップできるかと思いますので、よろしくお願いいたします。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

耳寄り情報を今すぐチェック!

手話の会話力をグイグイ上げる魔法のテキストがある!?
手話での会話
↑詳細は画像をクリック!

みなさんからのコメント
人気の記事はこちら!
運営者 すももん

↑プロフィールはこちらの画像からどうぞ♪

カテゴリー
  最近の投稿
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング