都道府県の表現

手話で熊本の表現は?都道府県の表し方はこれでバッチリ!

【本記事でわかること】
 
 ・「熊本」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

熊本の手話を由来をセットでご紹介!

まずは「熊本」という手話の表現の解説から始めますね。
 
『熊本』という手話は、両手の人差し指と親指で半円を作り、それをおなかくらいの位置で合わせ、丸を作ります。

 
子供が仮面ライダーごっこなどで、ライダーベルトを表してるみたいなイメージですねw
 
この、お腹のところに作った丸が何なのかというと、
 
加藤清正が着ていた鎧についている曼荼羅(まんだら)という紋章(?)を模しているそうです。
 
加藤清正は熊本城の城主だったため、この手話が『熊本』という意味を表すようになったとのことです。

 
手話とセットで歴史の勉強もできちゃう、お得な手話ですw
 

ぜひ、成り立ちとセットで覚えておいていただければと思います!

スポンサーリンク

 
地名系の単語は、その土地の特徴や土地の形そのものを表した手話が多く、
 
由来などと一緒に覚えることで格段に身につきやすくなります♪
 

こんな記事もオススメ!
 
地名の表現って、自己紹介でも活躍する表現ですよね。
 

 
この機会に出身地や住所を表す手話も知っておきたいなぁ
 
↑という方、ぜひ以下の記事で自己紹介の表現をまるごと覚えてしまいましょう!
 

手話の自己紹介で住所や出身の表現法!重要単語&地名を動画で解説!
 

手話の自己紹介で住所や出身の表現法!重要単語&地名を動画で解説!


 
自己紹介の定番である、名前や誕生日、住所などのやり方を解説しております♪
 
自己紹介以外でも役に立つ表現が満載なので、参考にしてみてください!
 
 

  • 都道府県の表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング