数字の表現

70のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「70」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「70」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「70」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・70個
 ・70回
 ・70冊 etc

 
手話表現の方については、もはや解説が要らないほど簡単ですよね♪
 
数字の「7」の表現をした後に親指、人差し指、中指を曲げるだけですからね☆
 
それよりも重要なのは、参考動画の前にさりげなくご紹介した
 
【同じ手話で表現できる別の言葉】についてなんですね。
 
実は手話の世界では、数字につける単位って、必ずしも必須じゃないんですよ。
 
分かりやすく言うと、
 
「この場合は単位までしっかり表現しなきゃダメだけど、こっちの場合は単位はいらないよ」ということがあるんです。
 

 
…え? つまり… どういうこと?
 
と、余計に混乱された方もいらっしゃるかもですね 汗
 
えっとですね… つまり… わかりやすく言うと。。。
 
↓こういうことです!
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説! 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 
ごめんなさいw
 
詳しくは、この記事にまとめてますので
 
そちらをご覧いただけますと幸いです~

 

それでなのですが、
 
今回取り上げた「70」という手話に関連して、
 
「7」という手話に関して、以下のような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 

 
数字の「7」って、指文字の「し」と一緒だから、イマイチ見分けられないんだよなぁ
 
↑これ、意外と困っている方、多いんですよ。
 
ですが、これについては明確な対処法があるんです!
 
↑こちらです↓

 

手話の数字表現!7のやり方を動画で解説&ワンポイントアドバイス! 

7のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!


 

ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング