数字の表現

10のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「10」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「10」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「10」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・10個
 ・10回
 ・10冊 etc

 
まず簡単に手話の表現方法についてお話ししますね。
 
「10」という表現は、
 
片手の人差し指を立てた状態から折り曲げるようにして表現します。
 
イメージとしては、
 
『数字の表現は、指を曲げれば×10できる!』と覚えてしまいましょう。
 
人差し指を立てた状態は「1」という手話ですから、
 
その指を曲げてあげることで、1×10=「10」となるわけです♪
 
日常会話でも使いどころの多い表現だと思いますので、
 
簡単に覚えられると思いますよ~

 

スポンサーリンク

 
ちなみに、手話の世界では
 
「単位」の使い方が多少複雑というか、ちょっとだけめんどくさいんですねw
 
というのも、伝えたい内容によって、数字だけではなく単位も表現しなければいけなかったり、
 
逆に単位を付ける必要がない場合の2パターンがあったりするんです。
 
具体例を挙げますと、
 
記事冒頭でご紹介した【同じ手話で表現できる別の言葉】の3単語が、
 
≪単位をつけなくてもいい場合≫の単語たちになります。

 
もちろん、これがすべてではありませんので、
 
最終的には自分で見極められるようになっていただくことが理想となります。
 
でも、
 

 
そんなこと言われても、どうやって判断すればいいの?
 
↑と、お困りの方もいらっしゃいますよね?
 
そこで、単位をつけるか否かの見極め方について、以下の記事にまとめてみました!
 
ぜひ合わせて覚えてしまいましょう!
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング