数字の表現

20のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「20」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「20」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「20」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・20個
 ・20回
 ・20冊 etc

 
最初に、手話動作について軽くご説明しますね♪
 
数字の「2」を表現した状態で、
 
立てている人差し指と中指を折り曲げて表現します。
 
表現自体はとっても簡単なので、すぐに覚えられると思います♪

 

スポンサーリンク

 
ちなみに、手話の世界では
 
数字の表現の単位をつける場合とつけない場合の両方のパターンが存在します。
 
伝えたい内容によって、数字だけではなく単位も表現しなければいけなかったり、
 
逆に単位を付ける必要がない場合の2パターンがあるということですね。
 
単位をつけなくていい場合の例を、
 
記事冒頭の【同じ手話で表現できる別の言葉】の欄でご紹介しましたが、
 
これがすべてではありませんので、
 
自分で見極められるようになっていただくことが理想形となります。
 

 
そんなこと言われても、どうやって判断すればいいの?
 
↑と、お困りの方もいらっしゃいますよね?
 
そこで、数字につける単位について、以下の記事にまとめてみました!
 
この機会に合わせてチェックしていただければと思います♪
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング