数字の表現

30のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「30」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「30」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「30」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・30個
 ・30回
 ・30冊 etc

 
手話自体はとっても簡単ですね♪
 
片手で「3」を表現し、
 
その指をすべて曲げるだけで「30」と表現することができます。

 
で、【同じ手話で表現できる別の言葉】についてですが、
 
これについては手話の世界におけるあるルールが関係しています。
 
それは、『表現したい言葉によって、数字に単位をつけるかつけないかが変わる!』というルールです。
 
もう少し具体的に言いますと、
 
「30日」や「30時間」は、「~日」や「~時間」などの単位の部分も手話で表現する必要がありますが、

 
先に挙げた「30個」や「30回」は、単位が不要で数字のみを表すだけでOKなんですね。

 

…と、ここまでお読みの方の中には、
 

 
うぅ…

 聞けば聞くほど意味が分からない…

と混乱されている方もいらっしゃるかもしれません。
 
でもご安心ください!

 
ルール自体は理解してしまえばとっても簡単ですし、
 
詳しい考え方や見極め方などについては、以下の記事で詳しくお話ししています。

 
是非合わせてご参照ください!
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説! 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 

さて、最後にちょっとだけ余談というかおまけトークをしたいのですが、
 
手話の数字の表現って、慣れてくるとパパパっと表現できるので
 
結構楽しいんですよねw

 
これは指文字にも言えることなのですが
 
自分が慣れているからといって、相手も同じスピードで読み取れるかといったら、
 
これは話が違ってきます。
 
数字や指文字は手話の中でも記号的というか、
 
読み手が認識するのに少し労力を要する表現たちです。
 
そのため、
 
話し相手が手話初心者さんだったり、初対面の方だったりする場合は、
 
気持ちゆっくり丁寧に表現することを心がけるようにしましょう。
 

ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング