時間に関する表現

~週間 のやり方を動画で解説!時間の表現はこう使おう!

【本記事でわかること】
 
 ・「~週間」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「~週間」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「1週間」の手話動画はこちら
 
 
この手話のワンポイント!

「~週間」には複数の表現方法がある!

 
まず、手話動作について簡単に解説しますと、
 
表現自体はとっても簡単ですね。
 
数字の「1」を表した状態の手を、横にさっと移動させて、
 
両手を体の前にトンと置くようにしてに表します。
 
同じ理屈で、「2週間」と「3週間」は以下のような表現になります。
 
 
お気づきの方もいらっしゃるかもですが、
 
それぞれの表現の最後にある「両手でトンとするような表現」は
 
「間」という意味の手話になります。
 
なので、「1週」とか「2週」みたいに表現したいときは、
 
最後の「~間」の部分は表現しなくてOKですよ♪

で、冒頭でお話しした、
 
『「~週間」には複数の表現方法がある!』についてお話ししますね。
 
以前「~日」という表現についてお伝えしましたが、
 
※詳細は以下の記事をご覧ください
 
~日 のやり方を動画で解説&使い方のコツも!
 

~日 のやり方を動画で解説!時間の表現はこう使おう!

 
「7日」という表現をすることで、
 
「1週間」という意味を表現する場合があります。
 
どちらかというと、こちらの表現の方が
 
私としては目にする機会が多かったように思います。
 
基本、覚えやすい方で覚えていただいて問題ないのですが、
 
一応どちらのパターンも覚えておくといいと思いますよ♪
 
で、数字の部分を別の数に置き換えれば、
 
自在に表現の幅を広げることができます♪
 
 
数字の表現の仕方については、以下の記事で一覧にしてまとめておりますので、
 
合わせてご参照くださいね♪

 

 
ご参考になれば幸いです。
 
 

  • 時間の表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング