時間に関する表現

~年 のやり方を動画で解説!時間の表現はこう使おう!

【本記事でわかること】
 
 ・「~年」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「~年」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「1年」の手話動画はこちら
 
 
この手話のワンポイント!

表現方法が2パターンある!

 
手話動作自体は難しくないですよね♪
 
片手を握り、もう一方の手を縦に一周して、
 
握っている方の手の上にトンと乗せるように表現します。
 
この時、回す方の手で表現したい年数の数字を表現しながら回すのがポイントです。
 
参考動画では、「1」の手の形で縦にぐるっと回して「1年」と表現していますね。
 
ちなみに、同じような理屈で「2年」や「3年」は以下のような表現になります。
 
「2年」「3年」の手話動画はこちら
 
(2つの手話を続けて表現しています)
 
 

で、この手話にはもう一つの表現がありまして、
 
以下のような表現をする場合があります。
 

「1年」の手話動画(2パターン目)はこちら
 
 
↑このように、握った手の上に数字の表現をした指をトンッと乗せるだけの表現もあるんです。
 
ちなみに、こちらのパターンで「2年」「3年」と表現すると、以下のような感じになります
 
「2年」「3年」の手話動画(2パターン目)はこちら
 
(2つの手話を続けて表現しています)
 
 

 
基本的にはどちらを使っても問題ないのですが、
 
後者の表現の方が簡単に表現できますし、
 
特に「12年」や「136年」のように、
 
表現したい年数が2ケタ以上になってくると
 
いちいち数字の表現をした手をグルグル回すのって面倒ですよねw
 
そのため、2ケタを超える年数を表現する場合は、
 
後者の表現を使う場合が多いかと思います。
 
もちろん、1ケタの年数を表現する際も
 
後者の表現は使えますので、
 
2パターン目の表現の方が万能といえますね♪
 
ただ、相手が使ってきた場合に備えて、
 
一応両方の表現を覚えておくといいと思いますよ♪
 
で、数字の部分を別の数に置き換えれば、
 
自在に表現の幅を広げることができますよ♪
 
 
数字の表現の仕方については、以下の記事で一覧にしてまとめておりますので、
 
合わせてご参照くださいね♪

 

 

 
 

  • 時間の表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング