数字の表現

3のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「3」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「3」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「3」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

・3本
 ・3冊
 ・3個 etc
※詳しくは以下でお話ししています

 
簡単ですよね♪
 
正直、簡単すぎて補足説明がいらないレベルですw
 
普通に聴者の人たちも、日常会話の中で「3つ」とか「3回」とか言いたいときに
 
片手で「3」と表現することも多いですからね。
 
そのイメージのまま表現していただければ問題ありませんよ♪

で、上述した【同じ手話で表現できる別の言葉】についての補足説明をいたしますと、
 
手話の世界では「単位」を表現する場合としない場合が両方存在します。
 
例えば、
 
「1本」「1冊」「1個」と、
 
「1年」「1日」「1週間」は、手話の世界では別物なんですね。
 
で、これについてここで解説してしまうと
 
この記事の文字数というかボリュームがどえらいことになるので、
 
詳しいことは以下の記事にまとめてみました!
 
お時間のある時にお読みいただければ幸いです♪

 

 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 

スポンサーリンク

 
また、これは余談ですが、
 
聴者の方の中には
 
人差し指、中指、薬指の3本指ではなく、
 
親指、人差し指、中指の3つの指で「3」と表す方が時々いますが、
 
あれは、手話の世界では全く別の表現になってしまいますので、
 
あの表現がクセになっている方は、意識して覚えなおしていただければと思います。
 
 
ちなみにですが、
 
数字の「3」の表現はもう一つパターンがあります。
 
基本は先ほどご紹介した表現ですが、手の向きが変わりまして、
 
以下のような表現になります。

 

 
どちらの表現も「3」という意味でして、
 
両方とも普通に使われているれっきとした手話表現になります。
 
基本的には覚えやすい方を使っていただければ問題ないのですが、

 
相手が使ってきた場合を考慮に入れて、
 
両方のパターンを覚えておくことをオススメしますよ♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング