数字の表現

2のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「2」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「2」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「2」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

・2本
 ・2冊
 ・2個 etc
※詳しくは以下でお話ししています

 
ここでお伝えしておきたい大事な点として、
 
手話の世界では数字を表現する際、単位が必要な場合と、要らない場合の両方があるんです!
 
もう少し具体的に言いますと、
 
「2回」「2冊」「2人」などは【単位が要らない】言葉なのですが、
 
「2年」「2日」「2週間」などは、数字とセットで【単位が要る】言葉なんです。
 
 
…? 聞けば聞くほど意味が分からないんだけど…
 
↑と、混乱している方もいらっしゃるかもですね 汗
 
そこで、この見分け方を以下の記事で詳しく解説してみました!

 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 
 
詳しくはこちらをご覧いただけましたらです♪

ちなみにですが、「2」という手話はもう一つ別の表現が存在しますので、
 
そちらも合わせてご紹介しておきますね。
 
↓こちらです
 

 
ご覧の通り、手の形は一緒ですが、向きが違いますよね。
 
えっと、この2つの表現に優劣があったりするわけではなくて、
 
純粋に2パターンの表現方法があるとご理解ください。
 
基本的には覚えやすい方を使っていただければ問題ないですが、
 
相手がどちらの手話表現を使ってきても対応できるよう、
 
両方覚えておくのが理想ですよ♪
 
 
  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング