数字の表現

1のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「1」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「1」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「1」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

・1本
 ・1冊
 ・1個 etc
※詳しくは以下でお話ししています

 
これは、手話というよりジェスチャーに近いというか、
 
我々にもなじみ深い表現ですよね♪
 
もちろん、れっきとした手話表現ですので
 
手話で会話する際にも普通に使えますよ!
 

重要なポイントとしては、
 
手話の世界では数字の表現に単位をつける場合とつけない場合があるんです!
 
 
どういうことなのか、具体例を挙げますと、
 
「1本」「1冊」「1個」などの場合は単位が要らないのですが、
 
「1年」「1日」「1週間」などの表現は、
 
「~年」や「~日」という単語もしっかり表現しなくてはいけないんです。
 
この、「単位がいる場合」と「単位がいらない場合」は
 
どうやって見分ければいいのか?
 
ぜひこの機会に合わせて覚えてしまっていただきたいんですね。
 
で、見分け方については以下の記事でまとめております!
 
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 

詳しくはこちらをご参照くださいね♪

スポンサーリンク

ちなみにですが、「1」という手話はもう一つ別の表現が存在しますので、
 
そちらも合わせてご紹介しておきますね。
 
↓こちらです
 
 
手の形は一緒ですが、手の向きが違うんです。
 
先にご紹介した表現では手の甲を自分に向けて「1」と表現していましたが、
 
こちらの表現では、手のひらを相手に向けて「1」と表現していますね。
 
この2つについてですが、
 
どちらが間違いとか、かたっぽがマイナーな表現とかではなく、
 
両方とも正しい手話表現になります。
 
しいて言うなら、日本語で言う、「いち」と「ひい」くらいのと違いかと思いますw
 
覚えやすい方を使っていただければ問題ないですよ♪
 
 
  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング