数字の表現

50のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「50」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「50」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「50」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・50個
 ・50回
 ・50冊 etc

 
最初に手話表現について簡単にお話ししますね。
 
参考動画をご覧いただければおわかりいただけると思いますが、
 
数字の「5」の表現をして、
 
その親指を曲げることで「50」と表現できます。
 
ポイントとしては、「5」の手話とは違い、
 
「50」の時は親指が上向きになるようにして表現する点ですね。
 
ライターをカチっとつけるようなイメージで表現するといいと思いますよ♪

スポンサーリンク

 
ちなみに、参考動画の前にちらっとご紹介した
 
【同じ手話で表現できる別の言葉】についてですが、
 
あそこで挙げた「50個」などの言葉は
 
「50」という手話単体で表現が可能です。
 
言い換えれば、「~個」という単位を表現する必要がないということですね。
 
例えば、「リンゴ50個」と言いたい場合は、
 
【「リンゴ」「50」】という2つの手話だけでOKということです。
 
でも、すべての単位が表現不要というわけではなく、
 
しっかり単位まで表現しなきゃいけない言葉も存在するんです。
 
 
えっ なにそれ ややこしっ
 
↑と、たじろいだ方もいらっしゃるかもですが、心配はいりませんよ♪
 
手話の単位についての見極め方や使い分けについては
 
以下の記事で詳しくお話ししています!
 
この機会に合わせてチェックしてみてくださいね~
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説! 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング