数字の表現

5のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「5」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「5」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「5」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

・5個
 ・5回
 ・5冊 etc

 
手話の世界の数字の表現は、
 
先ほど【同じ手話で表現できる別の言葉】でも挙げた「5個」などのように、
 
単位を付けずに数字だけで表現してもOKな場合があるんですね。
 
ですが、逆に単位まで表現しないと意味が通じない言葉も多く存在しますので、
 
これらの見分け方等については、以下の記事でご確認いただけますので
 
この機会に覚えてしまうことをオススメしますよ♪
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 

で、お気づきの方も多いかもしれませんが、
 
この「5」という手話表現、指文字の「あ」と一緒なんですね。
 
で、これらの手話の見分け方についてですが、
 
基本的には口形(手話を表現する際の口の形)で判断するのが一番簡単な方法かと思います。
 
これらの手話を表現する際は
 
口で「あ」と言っていたり、「ご」と言っていたりする場合がほとんどですので、
 
最初は相手の口の動きを頼りに見分けるといいと思います。
 
慣れてくると、文脈からも読み取れるようになってきますから、
 
練習を重ねていただければと思います♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング