手話の勉強法

手話の独学での勉強法って?おすすめテキストは?初心者には難しい?

こんにちは~
 
今回は、手話の勉強法についてお話しします!
 
しかも、ただの手話の勉強法ではなくって、「手話の"独学での"勉強法」についてです!
 
手話の独学って賛否両論あったりしますが、私は全面的に否定!という感じではなく、状況によってはアリだと考えています。
 
やはり、独学をするにしても効果的なやり方とそうでないやり方があります!
 
というわけで本記事では
手話の独学に関して、おすすめのテキストや勉強補等について詳しくお話ししていこうと思います。

スポンサーリンク

手話の独学での勉強法は?

冒頭でもお話ししました通り、手話を独学で勉強することには賛否両論があります。
 

 
手話を独学で勉強したって意味ないよ
 
とか
 
 
一人でコツコツ勉強しても、実際に会話で使える手話は身につかないよ
 
とか
 
結構キツめな意見も多いですからね。
 
まぁでも、
こういう意見が出るということは、手話を独学で勉強すること自体は可能ということになります。
 
それこそ、今の時代はテレビやテキスト、ネットなど、様々な媒体を通して手話を勉強することができますから、独学で勉強するのには全く困ることはないと思います。
 
で、私自身としては、先ほどもお話しした通り、
 
「手話の勉強は場合によっては独学もアリ」という風に考えています。
 
きっと、この記事の読者さんの多くは、
 
「これから手話を勉強したいと思うんだけど、独学でも大丈夫なのかな?」とか、
「手話講座を受けようと思ったらもう締め切りが過ぎてて、独学で勉強するしかないのよw」とか、
 
手話学習初心者さんの方が多いと思いますので、そういった方々に向けてお話をしていきますと、
 
ぶっちゃけ、
手話初心者さんにこそ、独学での勉強はアリだと思うんです!
 
これはどういうことか?
 
次の章で詳しくお話ししましょう。

手話初心者には独学もアリ!

手話の独学は初心者さんには有効だと考えるのにはいくつか理由があります。
 
手話を独学以外で学ぼうと思った場合、考えられえる手段としては基本的に
 
 ・人に教えてもらう
 ・サークルや手話講座に通って、コミュニケーションをしまくる
 
↑などの方法が挙げられます。
 
でも、手話の勉強を始めたばかりの方や、これから始めようと思っている方は、
 
当然、現時点では手話に関する知識はゼロに近いですよね?
 
ここでちょっとイメージしていただきたいのですが、
 
手話に関してまだ右も左もわからない状態で、
周りの人はみんな手話がある程度できる人ばかりの環境に放り込まれたらどうでしょうか?

 
きっと、多くの人は萎縮してしまったりモチベーションを維持できなくなったりして、挫折してしまうのがオチでしょう。
 
例えるなら、英語をこれから習う子供をいきなり留学させるみたいなもんですw
 
もちろん、中にはこういった荒療治的な勉強法でガシガシ知識を吸収していき、急速に成長していくタイプの方もいらっしゃいます。
 
(私の知り合いにも、ひたすら手話でコミュニケーションをとれる環境に身を置き、半年で普通に手話で会話できるまでになった方がいますw)
 
が、こういった方はあくまで少数です。
 
緊急に手話をマスターしたい理由でもない限り、自分のペースでゆっくり学んでいくのがいいと思いますよ♪
 
その方法の一つとして、独学もアリだと私は考えています。
 
おっと、話がだいぶ長くなってしまいましたね。
 
では、次の章から具体的にどのように勉強していくのがいいのか、詳しくお話ししていこうと思います♪
 
 

スポンサーリンク

手話の独学は難しいってホント?

手話を独学で勉強することの意義としては、
 
「土台となる基本的な単語や指文字を身につけること」だと思います。
 
英語力をあげたい人がいきなり海外へ行くのではなく、日本である程度語学力をあげてからさらなるレベルアップのために留学するイメージに近いですね。
 
で、基本的な単語を身につける方法についてですが、
 
一番手っ取り早いのが、動画で勉強するという方法です。
 
今はネット上にいい教材がたくさん転がってますからね~
 
例えば、Youtubeにある「華乃樹(はなのき)」という名前の動画コンテンツとかオススメですよ♪
 
基礎的な手話単語を動画で解説してくれているものでして、
 
正直、華乃樹さんの動画を一通り網羅するだけでかなりの単語力がつきますから、独学での勉強のとっかかりにオススメですよ♪
 

手話の独学におすすめのテキストは?

最後に、テキストについても少しふれておきたいと思います。
 
…が、ぶっちゃけた話をしますと、テキストは別になくてもいいですw
 
というのも、ネット上やテレビ番組などに素晴らしい教材がたくさんありますから、わざわざお金を払ってテキストを買う必要はないんですよ。
 
特に、紙ベースのテキストだと手話表現が静止画での解説になりがちです。
 
手話という言語は、手の形や表現がめまぐるしく変化していくものなので、静止画で勉強するよりは実際に人が表現している様子を見て勉強する方が何倍も効率的なんですね。
 
これらの理由から、テキストは特段必要ないという結論に至るわけですw
 
私としては、「華乃樹の動画で紹介されている単語をそこそこ覚えられたな♪」と感じたら、
 
手話講座に通って本格的に手話を習ったり、サークルに行ってコミュニケーションをとって経験値を積む等の次のステージに進んでいただきたいくらいですからねw
 
そういう意味では、「私がオススメする教材は華乃樹動画」ということになりますw
 
プラス指文字がだいたい覚えられていれば、もうある程度手話で会話ができるようになっていると思いますよ♪
 

まとめ

今回は、手話の勉強法についてお話ししました。
 
手話を始めたばかりのころって、
 
とにかくわからないことだらけで
 
何から手を付けていいのか、何をどう進めていけばいいのかが
 
全然わからなくて、スタートを切るのが大変なんですよね。
 
でもあなたは、本記事をお読みになったことで
 
これからの進み方の指針がある程度見えてきたはずです!

 
もうこの時点であなたはすでに勝ち組です♪
 
後は、より具体的に
 
学習の方向性やプランを固めるのみですからね☆
 
そのささやかなお手伝いとして、
 
以下の記事で手話初心者さんに知っておいていただきたい情報をまとめておりますので、
 
ぜひ合わせてチェックしてみてください!
 
手話初心者向け!勉強法や指文字の覚え方、自己紹介のやり方まとめ!

 

手話初心者向け!勉強法や指文字の覚え方、自己紹介のやり方まとめ!


 
ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング