手話表現

かもしれないの手話のやり方は?単語を動画で見て ~かも をマスター!

こんにちは~
 
今回は『可能性の表現』である
 
「~かもしれない」という単語表現について解説していきます。
 
基本的な動詞や名詞の表現が身についてくると、
 
手話での会話がどんどん楽しくなってくると思いますが、
 
こういった+αの表現も覚えていくと、
 
会話の幅が広がってもっと手話が好きになりますよ!
 
本記事では、
 
「~かもしれない」という表現を動画で解説したのち、
 
使い方等についても説明を加えていきたいと思います♪
 
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

かもしれないって手話でどうやるの?

ではさっそく、「~かもしれない」という手話表現を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「~かもしれない」の手話動画はこちら
 

 

このように、片手の人差し指と中指の2本を立てて、
 
上から下にトントンとリズムよく下ろします。
 
この手話、人によって表現のクセが出やすい表現でして、
 
上から手を下ろす際に、少し弧を描くというか、
 
曲線っぽく下ろして表現する方もいらっしゃいます。
 
 

一応、この表現のの由来としては
 
「?」マークの形を表しているといわれていて、
 
上から手を下ろして、最後のトンッの動作で
 
「?」マークの下の点の部分を表現しているようなんですね。
 

なので、「?」マークの一画目の部分を正しく表現するなら
 
曲線っぽく表現する方が正しいっちゃ正しいのですが、
 
手話の表現が早くて滑らかな方などは、
 
上から下に一直線にトン~~~トンッと表現する方も多いですね。
 

一応、どちらを相手が使ってきても対応できるよう、
 
両方のパターンをおぼえておくことをオススメしますよ!
 

また、この手話には複数の意味がありまして、
 
ざっと並べただけでも以下のような意味があります。
 

「可能性の表現」の意味

・~かもしれない
 ・たぶん
 ・~だそうだ
 ・~らしい

 
要は、「不確定だったり、人から聞いたりした内容について使う表現
 
というイメージでいいと思います。
 

では次に、
 
この表現の使い方についてお話ししていきますね!

スポンサーリンク

手話単語の ~かもを解説!

「~かもしれない」という表現は、

 

 
カギ閉め忘れたかも…
 
とか
 
 
今日、雨強いかもしれないな…
 
といった風に使いますよね?
 
基本的に、形容詞や動詞のあとに「~かもしれない」を付けて、
 
不確定な要素を出していますが、
 
これは手話でも全く同じ構造なんです!
 
つまり、
 
「~かもしれない」は、基本文末につけて使用する
 
↑と覚えてしまって問題ないと思います♪
 
 
先ほどご紹介した「たぶん」という意味合いの場合は、
 
逆に文頭に来ることも多いですが、それ以外の意味であれば
 
ほぼ文末に使えば大丈夫です。
 

なので、先ほどの
 

 
今日、雨強いかもしれないな…
 
であれば、
 

「今日」「雨」「強い」「かもしれない」
 
↑といった感じになりますね。
 
 
ちなみにこの時、「雨」「強い」と2単語で表現してもいいですが、
 
「雨」という手話を強く何度も表現することで、1つの表現で
 
「雨が強い」という意味を表現することもできます。
 
こちらの方がより手話らしい表現になりますので、
 
こういったイメージを蓄積していくと、
 
学習の質がどんどん上がりますよ♪
 

まとめ

今回は、「~かもしれない」という表現についてお話ししました。
 
手話の会話力をさらにアップさせたい!
 
という方は、以下の記事を順番にクリアしていくことを
 
オススメします!
 
コンプリートしたとき、あなたは格段に手話力が挙がっているはずです♪

 

 
ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング