数字の表現

600のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「600」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「600」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「600」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・600個
 ・600回
 ・600冊
 ※詳しくは後述します

 
手話表現そのものは簡単ですよね♪
 
数字の「6」を表現した手を横向きにして、
 
真上にピンっと跳ねるように表現します。
 
人によって多少クセが出る表現でもありますが、
 
基本の表現の形として覚えておいていただけましたらです♪

スポンサーリンク

でなのですが、
 
最初の方でさりげなくご紹介した
 
【同じ手話で表現できる別の言葉】についてお話ししますね。
 
【同じ手話で表現できる別の言葉】で挙げた3つの例を改めてご確認いただきたいのですが、
 
「600個」「600回」「600冊」と、
 
全て『数字 + 単位』で表現できる言葉なんですね。
 
これが何を意味しているかといいますと、
 
手話の世界では、単位は表現しなくてもいいということなんです!
 
た・だ、
 
全ての単位が表現しなくてもいいかというとそうではなくって、
 
数字とセットでしっかり表現しなければならない単位というのも存在するんです。
 
めんどくさいですよねw
 
確かに最初は混乱する方もいらっしゃるかもです。
 
そこで、このお話を詳しくまとめた記事を書いてみました♪
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 
単位が必要な単語とそうでない単語の見分け方などを、
 
例を挙げつつわかりやすくお話ししていますので
 
ぜひこの機会に覚えてしまいましょう!

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング