手話表現

昭和の手話表現を動画で!元号の単語のやり方を解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「昭和」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「昭和」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「昭和」の手話動画はこちら
 
 

スポンサーリンク

この手話のワンポイント!

数字の表現も合わせて覚えよう!

 
最初に簡単に手話動作について解説しますね。
 
「昭和」という手話は、
 
片手の親指と人差し指で、首の高さを測るように、
 
首元に手をあてがって表現します。
 
どうして「昭和」という手話がこのような表現になったのかというと、
 
当時、丈の高い襟を持つ服を表す言葉として「ハイカラ」(元はhigh collar)という単語があったんです
 
多分、みなさんも一度は耳にしたことがあると思います。
 
で、このハイカラにちなんで、高い丈の襟を親指と人差し指で表したのが
 
「昭和」という手話なんですね。
 
語源もセットで覚えると断然忘れにくくなりますので是非合わせて覚えてしまいましょう!
 

 

 

「昭和」などの元号の手話は、自己紹介の時に特に活躍する表現でして、
 
自分の生年月日を相手に伝えるときなどに使いますよね。
 
この際は、年号や日にちも合わせて手話で表現することになりますから、
 
数字の表現も覚えておくといいですね♪
 
生年月日の詳しい表現等については、以下の記事でお話ししいてますので
 
よろしければ合わせてご覧ください♪
 

☆【生年月日(誕生日)の表現の仕方について】はこちらをご覧ください♪
 

手話の自己紹介で誕生日の表現のやり方!動画付きで分かりやすく解説!


 

 

ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング