手話表現

手話で ~ドルのやり方!単語を動画で解説&ワンポイントアドバイス!

【本記事でわかること】
 
 ・「~ドル」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「~ドル」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「1ドル」の手話動画はこちら
 
 
この手話のワンポイント!

落ち着いてゆっくり表現しよう!

 
まずは簡単に手話動作を解説しておきますね。

 
といっても、多分9割がたの方は先ほどの解説動画で

 
もうすべてを理解しているかもしれませんw

 
そうです。

 
数字を表現した後に、2本指で「$」マークを空書しているんですね。

 
この時は、自分から正しく見えるように「$」と空書し、
 
人差し指と中指の2本指で書く、という点を覚えておいてくださいね♪

 
同じ理屈で、「2ドル」「3ドル」は以下のような表現になりますね。
 

 
イメージしやすい手話なので、簡単に覚えられると思いますよ♪

 
今回取り上げた「~ドル」という手話は、
 
数字の表現をした後に続けて表現することで
 
【〇〇ドル】という風な意味を表現することができます。
 
で、この時に数字と「~ドル」の表現をあまりにも
 
パパパっと表現してしまうと、読み手側が追いつけないことがあるんですね。 

 
特に、初対面の方や手話初心者さんに伝える際は、
 
気持ちゆっくり、丁寧に表現してあげるようにすると
 
いいと思いますよ♪
 
ちなみにですが、数字の部分を別の数に置き換えれば、
 
自在に表現の幅を広げることができますよ♪
 
 
数字の表現の仕方については、以下の記事で一覧にしてまとめておりますので、
 
合わせてご参照くださいね♪

 

 
ご参考になれば幸いです。
 
 

  • 単位の表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング