手話表現

手話表現で~円ってどうやるの?動画で解説&ワンポイントアドバイス!

【本記事でわかること】
 
 ・「~円」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「~円」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「1円」の手話動画はこちら
 
 
この手話のワンポイント!

落ち着いて、少しゆっくり表現しよう!

 
まずは手話動作から簡単に解説しますね。
 
片手の親指と人差し指で、だ円を半分に割ったような形を作り、
 
そのまま横にスーっとスライドするようにして表現します。
 
この「円」という手話の前に数字を表現し、
 
【「〇〇(数字)」 「~円」】という順番で表現することで

 
「〇〇円」という意味を表現することができます。
 

 
同じ理屈で、「2円」「3円」は以下のような表現になりますね。
 

 
表現の仕方自体は、数字の桁が増えても一緒なので
 
スーパーの広告などを見ながら、表現を練習してみるのもいいですね♪

 
先ほどもお話ししましたが、
 
基本的に、「~円」という手話は
 
数字の表現をした後に「~円」と続けるため、
 
パパパッと表現してしまうと、読み手が追いつけなくて
 
相手に正しく意味が伝わらない場合があります。
 
これは他の手話に関しても言えることなので
 
この手話に限ったことではないのですが、
 
初対面の方と手話で話す場合や、相手がまだ手話初心者さんの場合などは、
 
気持ちゆっくり目に表現してあげると親切かと思います。
 
 
ちなみにですが、数字の部分を別の数に置き換えれば、
 
自在に表現の幅を広げることができますよ♪
 
 
数字の表現の仕方については、以下の記事で一覧にしてまとめておりますので、
 
合わせてご参照くださいね♪

 

 

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 単位の表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング