手話表現

違う の手話表現を動画で!単語は由来とやり方をセットで覚えよう!

違うの手話

こんにちは~
 
今回は
 
「違う」という単語表現について解説していきます。
 
基本的な動詞や名詞の表現が身についてくると、
手話での会話がどんどん楽しくなってくると思いますが、
 
こういった+αの表現も覚えていくと、
会話の幅が広がってもっと手話が好きになりますよ!
 
本記事では、
「違う」という表現を動画で解説したのち、
使い方等についても説明を加えていきたいと思います♪
 
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

違うって手話でどうやるの?

ではさっそく、「違う」という手話表現を動画でご確認いただきましょう!
 

「違う」の手話動画はこちら
 

スポンサーリンク

 
 
では、手話表現を解説していきましょう~
 
この手話、とっても汎用性が高いので是非とも覚えておいていただきたい単語の一つです!
 
両手の親指と人差し指を立てて、数字の『6』のような形を作ります。
 
その状態で、その手を数回細かく振るようにしてみてください。
 
これで『違う』ですね。
 
参考動画では正式な表現とされている両手での表現を載せていますが、片手で表現しても大丈夫です。
 
むしろ、日常会話では片手で表現することの方が多いくらいです。

 
この手話、『違う』という意味以外にも、
『~じゃない』という意味として使うことができて、
 

 
あれ?明日って休みじゃない?
 
↑このような場合に、文末に『違う』の手話をつけることで『~じゃない?』の意味を付け足すことができます。
nbsp;

日常会話で使う機会がとても多い単語の一つですので、ぜひ覚えておいてくださいね!

 
 

まとめ

 
手話の会話力をさらにアップさせたい!
 
という方は、以下の記事を順番にクリアしていくことをオススメします!
 
コンプリートしたとき、あなたは格段に手話力が挙がっているはずです♪

 

 
↑この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

耳寄り情報を今すぐチェック!

手話の会話力をグイグイ上げる魔法のテキストがある!?
手話での会話
↑詳細は画像をクリック!

みなさんからのコメント
人気の記事はこちら!
運営者 すももん

↑プロフィールはこちらの画像からどうぞ♪

カテゴリー
  最近の投稿
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング