手話表現

~できないの手話表現は?動画&例文付きで単語を徹底解説します!

こんにちは~
 
今回は、「~できない」という不可能の表現について解説したいと思います!
 
以前、会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!という記事で、
 
手話の会話力をアップさせるためにとっても便利な表現を詳しくご紹介しましたが、
 
覚えておくべき便利な表現ってまだまだあるんですよw
 
今回ご紹介する「~できない」という表現も、
 
確実に役に立つ単語表現ですから、ぜひ覚えてしまいましょう!
 
というわけで本記事では、
 
「~できない」という表現を動画で解説しつつ、
 
例文なども交えて、使い方も合わせてお伝えしていこうと思います。
 
是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

~できないの手話表現は?

「~できない」という手話表現を解説する前に、
 
ちょっとお伝えしたいことがあるので先にお話ししちゃいますね♪
 
実は、「~できない」という手話は別の意味も持っていまして、
 
難しい」という意味もあるんです。
 
なので、この単語を一つ覚えるだけで、
 
一気に手話表現の幅が広がりますよ!
 
…と、補足情報もお伝えしたところで、次の章から本題に入っていきますね!

手話表現を動画で確認!

では、もったいぶってもしょうがないので、
 
さっそく「~できない」の手話表現を動画でご確認いただきましょう!
 

 
↑このように、ほっぺたをつねるような動作で表現します。
 
ちなみにこの表現、人によってクセが出やすい手話でもあります。
 
ほっぺたをつねる動作ではなく、
 
手をほっぺに添えるだけの表現の人もいれば、
 
逆に鍵をかけるようにしっかり手をひねる人もいます。
 
なので、人によって多少表現は違う場合もありますが、
 
基本の形は「ほっぺたをつねるような動作をする」という風に
 
覚えておいていただければ問題ないと思いますよ!

スポンサーリンク

手話単語で ~できないはどう使うの?

では、最後のこの章では、
 
「~できない」という表現の具体的な使い方を例文でご紹介したいと思います!
 
基本的にこの単語は、動詞とセットで使うことが多く、
 
 ・「遊ぶ」+「~できない」→「遊べない」
 ・「食べる」+「~できない」→「食べられない」
 
↑といった風に使います。
 
 
また、動詞に「~できない」という意味を足す以外にも、
 
名詞に対して使うこともできます。
 
イメージとしては、
 
 ・「スキー」+「~できない」→「スキーができない」
 
↑といったような感じですね。
 

もう少し具体的な例を挙げますと、
 

 
私、数学は得意だけど、英語はできないんだ~
 
↑という内容を伝えたいときは、

 

「私」「数学」「得意」「でも」「英語」「できない」
→「私は数学は得意だが、英語はできない」
 
という表現になります。
 
※ちなみにですが、上記の例の場合、
 
「できない」という単語の後に自分自身を指さす動作が付くこともありますが、
 
この"指さし"については別の機会に詳しく解説しますね!
 
 
とにかく、
 
「〇〇できない」という表現は、「〇〇」+「できない」で表現する!と覚えましょう♪
 

まとめ

今回は「~できない」という手話表現についてお話ししました。
 
ちなみに、意外と混同しやすい表現として、
 
「~ない」という表現があるのですが、
 
みなさんはバッチリ使いこなせていますか?
 
実は私自身、手話を勉強し始めたばかりのころは
 
見事に混乱していて、「~ない」と表現するときは
 
いつもあたふたしていましたw
 
 
そこで、「~ない」の表現についても解説記事を作ってみました!
 
手話で ~ない の表現は?否定の単語を動画付きで徹底解説します!
 

手話で ~ない の表現は?否定の単語を動画付きで徹底解説します!


 

 
…言われてみれば、
 「~ない」の表現って結構感覚で使ってたかも…
 
という方は、ぜひこの機会に合わせて覚えてしまいましょう!
 

ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング