手話表現

役立たず の手話表現を動画で解説&ワンポイントアドバイス!

【本記事でわかること】
 
 ・「役立たず」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「役立たず」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「役立たず」の手話動画はこちら
 
 
このように、片手で指文字の「や」の形を作り、その手を反対の腕の付け根くらいにあて、
 
そこから手を前に出していきましょう。
 
以前ご紹介した「役に立つ」という手話表現の派生とも言えますね。
 
(「役に立つ」の手話はこちらからご覧ください)
 

 
 
今回ご紹介した「役立たず」という手話ですが、
 
先ほども軽くお話ししました通り、「役に立つ」という手話の派生形となっています。
 
「役に立つ」という手話が肩に手を当ててトントンとするのに対し、
 
「役立たず」という手話は、肩から手を放していく感じで表現するんですね。
 
この2つの表現、実は結構他の言葉でも応用できる部分がありまして、
 
例えば『便利』『不便』という手話なんかもまさにこのタイプです。
 
もちろん、対義語の表現がすべてこのようなタイプというわけではありませんが、
 
手話の世界の傾向として覚えておくと、今後の勉強に役に立つと思いますよ♪
 

 
ちなみにこの手話、
 
割と失礼な単語なので使いどころが少ないように思われるかもしれませんが、
 
例えば、
 

 
このアプリ、全然使えなくてさ~
 
↑のように、
「使えない(=役に立たない)」という言葉にも使うことができる表現となっていますよ。
 

ちなみにこの手話は、右手、左手どちらで表現しても大丈夫です。
 
利き手等を鑑みて、表現しやすい方でOKです!

 
 
 
こんな記事もオススメ!
 

会話で超使える手話単語を動画で徹底解説!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑こちらの記事では、会話での登場頻度が高い、
 
覚えておくととっても便利な単語を抜粋してまとめてみた記事になります。
 
具体的には、以下のような単語をご紹介しています♪
 

この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
これらをマスターするだけで

 

一気にあなたの手話トークのスキルがアップすると思いますので

 
ぜひこの機会にまるっと覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング