手話表現

手話表現で 役に立つ ってどうやるの?動画で解説&プラスワンポイント!

【本記事でわかること】
 
 ・「役に立つ」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!
 
「『役に立つ』っていう手話が知りたいんじゃなくて、実際に会話とかで使える手話が知りたいんだけど…」という方は、本記事末尾のリンクから"会話で使える手話一覧!"をご覧ください♪

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「役に立つ」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「役に立つ」の手話動画はこちら
 
 
「役に立つ」という手話の表現はとっても簡単です♪
 
片手で指文字の「や」の形を作り、反対側の腕の付け根(または肩)付近にトントンとあてましょう。

 

これで「役に立つ」という意味になります。

 
日常生活でも使える単語表現ですので、ぜひぜひ覚えておきましょう!

 

一見するとこの手話、日常会話での使いどころがそんなに多いようには感じない方もいらっしゃるかもですが、
 
イメージしてみてください♪
 

 
京都旅行、このガイドブックのおかげで助かったよ~
 
↑この手話表現、
 
「ガイドブック」+「助ける」+「~だった(過去の表現)」のように表現しても通じることは通じますが、
 
それよりも「ガイドブック」+「役に立つ」+「~だった(過去の表現)」のように表現したほうが
 
よりナチュラルに相手に文章を伝えることができるんですね。
 

 
こう考えてみると、人に何かものをオススメするときなどにも使いやすい単語と言えますから、
 
結構使いどころが多いと思いませんか?
 
ぜひぜひ覚えておきましょう!

 
 
こんな記事もオススメ!
 

会話で超使える手話単語を動画で徹底解説!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑こちらの記事では、会話での登場頻度が高い、
 
覚えておくととっても便利な単語を抜粋してまとめてみた記事になります。
 
具体的には、以下のような単語をご紹介しています♪
 

この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
これらをマスターするだけで

 

一気にあなたの手話トークのスキルがアップすると思いますので

 
ぜひこの機会にまるっと覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング