手話表現

手話で ヤバい ってどうやるの?表現を動画で解説&使い方のコツも!

【本記事でわかること】
 
 ・「ヤバい」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「ヤバい」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「ヤバい」の手話動画はこちら
 
 
「ヤバい」という手話の表現はとっても簡単です♪
 
まずは両手で指文字の「や」の形を作ります。
 

で、両手を上下に重ねて、下の手を上に持っていくようにして表現してください。

 
これで「ヤバい」になりますね。
 
日常生活でも使える単語表現ですので、ぜひぜひ覚えておきましょう!

 

では、この手話の由来について簡単にお話ししようと思うのですが、
実はこの手話、半分ダジャレのような手話なんですw
 
先ほどご説明した、下の手を上に持っていくという動作は、『~倍』という手話から来てるのですが、
 
その表現を、
指文字の『や』でやってるから、「や」で「倍」=「やばい」となるわけですねw
 
以下にも若者言葉らしいというか、ユーモアのある手話ですよね♪
 
※ろう者の方の中でも、ご年配の方は以下のような表現で「やばい」に相当する意味を表現する方もいます。
 

 
↑胸のあたりでOKマークを作った手を数回揺らします。喉のところで表現すると「声」という手話になってしまいますので、誤用注意です。

 
もちろん、先にご紹介した表現も、かなり市民権を得ていると思いますので、基本はバシバシ使って大丈夫だと思います!
 
ただ、手話の世界には敬語の文化があまりないとはいえ、最低限のマナーは守って、言葉はしっかりと選ぶようにしましょうね♪
 

 
 
こんな記事もオススメ!
 

会話で超使える手話単語を動画で徹底解説!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑こちらの記事では、会話での登場頻度が高い、
 
覚えておくととっても便利な単語を抜粋してまとめてみた記事になります。
 
具体的には、以下のような単語をご紹介しています♪
 

この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
これらをマスターするだけで

 

一気にあなたの手話トークのスキルがアップすると思いますので

 
ぜひこの機会にまるっと覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング