手話表現

手話表現で 例えば ってどうやるの?動画付きで使い方を徹底解説!

【本記事でわかること】
 
 ・「例えば」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!
 

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「例えば」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「例えば」の手話動画はこちら
 
 
では、「例えば」という手話の表現を解説しますね
 
まず最初に片手の甲を相手に向けて構えます。
 
そしたら、もう一方の手で指文字の『め』の形を作り、構えた手の甲に乗せましょう。

 
これで「例えば」、「例」、「仮に」という手話になります。
 
一応、厳密に言うと、
 
「例えば」という意味で使う場合は、手の甲に指文字の『め』の手をトントンと2回ほどあてるのに対し、
 
「例」という意味で使うときは、手の甲に指文字の『め』の手を乗せるだけで、トントンしないという差があるのですが、ぶっちゃけかなり細かい点なのであんまり気にしなくて大丈夫ですw
 
参考動画でご紹介した表現1つを覚えておいていただければOKだと思います♪
 
 

 

ここからは少し余談になるのですが、【手話の簡略化】についてちょっとだけお話ししたいと思います。
 
基本的に、簡略化した手話の方が口語には向いているとされています。
 
例えば、「きっかけ」という手話は、両手で表現する以外に片手での表現パターンもあるのですが、
 
両手で表現する方が教科書的というか、より丁寧な印象を与えますし、
 
逆に片手で表現するやり方は、フランクで親しみやすい印象を与えることができます。
 
とはいえ、手話の世界は日本語ほど上下関係が厳しくなく、
 
敬語らしい敬語表現もほとんど存在しないんですね。
 
なので、
 

 
手話を勉強し始めたきっかけって?
 
↑のようにちょっとした会話の中で使いたい場合は、初対面の目上の方とかの特別な場合でない限り、基本は片手の表現でOKだと思いますよ♪
 
ぜひぜひ覚えておきましょう!

 
 
こんな記事もオススメ!
 

会話で超使える手話単語を動画で徹底解説!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑こちらの記事では、会話での登場頻度が高い、
 
覚えておくととっても便利な単語を抜粋してまとめてみた記事になります。
 
具体的には、以下のような単語をご紹介しています♪
 

この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
これらをマスターするだけで

 

一気にあなたの手話トークのスキルがアップすると思いますので

 
ぜひこの機会にまるっと覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング