手話表現

いいよ の手話表現を動画で解説&ワンポイントアドバイス!

【本記事でわかること】
 
 ・「いいよ」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「いいよ」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「いいよ」の手話動画はこちら
 
 
このように、片手の小指を立てて、その小指をあごに当てて表現します。

 
実はこの手話、使いこなせると一気に手話力アップが望める単語なんですよ!
 
というのもこの手話、手話のネイティブであるろう者の方の中にも使い方が曖昧な方がいるくらいで、
 
これをしっかり使いこなせるだけで一気に手話ができる人っぽくなりますw
 

今回ご紹介した「いいよ♪」という手話と最も混同しやすいのが「良い」という手話でして、
 
これらをきちんと使い分けられると一気にそれっぽくなります。

 
 
では問題です。次の3つの例文、それぞれ「良い」と「いいよ♪」のどちらを使えばいいでしょうか?
 

 
お皿洗いは後でいいよ
 
この企画書、いいね!
 
血糖値、かなりよくなってますね!
 
↑どうですか?答えは出ましたか?
 
 
 
 
では正解発表です!
 
正解は、上から順に、
「良い」、
「いいよ♪」、
「良い」でした!
 
あってましたか?
 
全然あってなかった…という方も心配はいりません!
実はこの2つの単語の使い分けには明確な基準があるんですよ♪
 
そのポイントは、『構わない』という単語に変換できるかどうかです
 
本記事でご紹介した「いいよ♪」という手話は、相手の提案や頼み事などに
 
「うん、それでOKだよ」「私はそれで不服はないよ」と答えるようなニュアンスの単語なんですね。
 
対して「良い」という手話は、英語で言う「good」に相当する、よりポジティブなニュアンスを持った単語なんです。

 
 
なので、文章の中の「いい」という部分を『構わない』に変換できれば、「いいよ♪」の手話、
『構わない』という単語に変換するとしっくりこない場合は「良い」と手話を使う、と覚えるのがオススメです!
 
最初は難しいかもですが、使っているうちにどんどん慣れていくので、たくさん手話で会話をして練習を重ねていきましょう!
 
ぜひこの機会にしっかり覚えておきましょう!
 
 
 
こんな記事もオススメ!
 

会話で超使える手話単語を動画で徹底解説!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑こちらの記事では、会話での登場頻度が高い、
 
覚えておくととっても便利な単語を抜粋してまとめてみた記事になります。
 
具体的には、以下のような単語をご紹介しています♪
 

この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
これらをマスターするだけで

 

一気にあなたの手話トークのスキルがアップすると思いますので

 
ぜひこの機会にまるっと覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング