手話表現

悪い の手話表現を動画で解説&ワンポイントアドバイス!

【本記事でわかること】
 
 ・「悪い」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「悪い」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「悪い」の手話動画はこちら
 
 
このように、片手の人差し指を立てて鼻の前で構え、
 
そのまま直角に指を倒して表現します。
 

 
この手話の由来は、
 
この言葉の対義語にあたる「良い」という単語から紐解くと分かりやすいです。
 
おめでたいことの象徴とされる天狗の鼻が長いことや、「鼻が高い」という言葉があるように、鼻が長いというのは日本の文化の中では”いいこと”として認識されているんです。
 
なので、「良い」という手話は、鼻の長さを表した表現になっているんですね。
 
 

 
つまり、「悪い」と表現したい場合は、鼻が伸びちゃいけないんですw
 
な・の・で、伸びた鼻をポキッと折るような動作で表現するわけなんですね~
 

あ。ちなみにこの手話は、右手、左手どちらで表現しても大丈夫です。
 
利き手等を鑑みて、表現しやすい方でOKですよ!

 
 
今回ご紹介した「悪い」という単語は、日常会話の中でも使いどころの多い手話です。
 
先ほどご紹介した「良い」という単語とセットで覚えておくことをお勧めしますよ!

 
ちなみにですが、
 
今回の「悪い」という単語、どんな場合にでも使えるかというとそうではなくって、例えば
 

 
悪いけど、回覧板届けておいてくれないかな?
 
↑みたいな場合は「悪い」という単語はあまり使われません。
 
というのも、ここでいう「悪いけど、」という言葉は、言い換えると「悪いんだけど(申し訳ないんだけど)」という意味あいですよね?
 

なので、「悪い」という手話を使うより、「ごめんなさい」「申し訳ない」という単語を使うほうが自然な表現になるんですね。
 
ちょっとややこしいかもですが、繰り返し読んで理解すれば手話力ワンランクアップです!
 
 
こんな記事もオススメ!
 

会話で超使える手話単語を動画で徹底解説!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑こちらの記事では、会話での登場頻度が高い、
 
覚えておくととっても便利な単語を抜粋してまとめてみた記事になります。
 
具体的には、以下のような単語をご紹介しています♪
 

この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
これらをマスターするだけで

 

一気にあなたの手話トークのスキルがアップすると思いますので

 
ぜひこの機会にまるっと覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング