指文字

指文字の に の表現は?手話を画像付きで解説&知って得する情報集!

【本記事でわかること】
 
 ・「に」という指文字の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話の指文字を画像付きで解説!

まずは、指文字の「に」の表現方法を画像でご確認いただきましょう!
 

指文字の「に」の表現はこちら
 

 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・(顔の高さで1回振って)「またね!」

では、表現の方を軽くご説明したいと思います。
 
「に」の表現はとっても簡単です♪
 
まず、人差し指と中指の2本指を立てて、「チョキ」の形を作ります。
 
んで、その2本指を真横に向けるようにして表現します。
 
この時、手の甲が相手に向くようにしましょう。
 

この指文字は、数字の「2」を表した形を持ってきていて、
 
このことから数字の「2」も同じ表現で表すことが可能です。
 
 
※ただ、手話の数字表現!2のやり方を動画で解説という記事で正しい「2」の表現をご紹介しました通り、
 
手を横に向けた「2」の表現は正式な表現ではありません。
 
とはいえ、意味的には問題なく通じると思いますので使っていただいても大丈夫かと思います。
 
 
そして、別れ際に「またね!」という際の手話と同じ手の形なので、
 
合わせて覚えておくといいと思いますよ♪

スポンサーリンク

さて、ここから先、割と大事なお話をします。
 
指文字については私、これまでもいろいろな記事等で
 
「手話初心者さんは、まずは指文字から勉強するのがオススメです!」
 
↑という風に、割としつこくお話ししてきたんですねw
 
…ですが!
 
この指文字でつまずいてしまう方も結構いらっしゃるということが分かったんです、
 
ちなみにですが、今、この記事をお読みの方の中にも、
 
以下のようなお悩みを持っている方、いらっしゃいませんか?
 
 「指文字の表現が全然覚えられない…」とか、
 「表現自体は覚えてるんだけど、いざ表現するとなると混乱しちゃって…」とか、
 「相手が使う指文字が全然読み取れなくて…」とか…
 
ですが、ご安心ください!
 
『これさえ読めば指文字マスタ―!』というコンセプトのもと
 
指文字の苦手を丸ごと解決できるまとめ記事を作ってみました!
 
↓こちらです↓
 
指文字の覚え方&読み取り&表現方法まとめ!これさえ読めば完璧!
 

指文字の覚え方&読み取り&表現方法まとめ!これさえ読めば完璧!


 
指文字の効率的な覚え方に、読み取り&表現の練習法はもちろん、
 
知っておくと得する指文字に関するワンポイントアドバイスなど、
 
情報満載となっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 指文字一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング