数字の表現

100のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「100」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「100」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「100」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・100個
 ・100回
 ・100冊 etc

 
まずは簡単に手話動作について解説しますね。
 
数字の「1」を表現するように人差し指を立て、
 
その手を横向きの状態から直角に真上に向けるようにピッと立てて表現します。
 
数字の「100」という手話は、単に数を表す場合以外にも、
 
「100%」とか「百人力」とか
 
色々な使いどころがあるので、数字の中でもかなり汎用性の高い表現かと思います。

 
ぜひこの機会にしっかり覚えちゃいましょう!

 

スポンサーリンク

で、数字の表現と一緒にぜひ覚えておいていただきたいのが、
 
「単位」の表現なんですね。
 
先の、【同じ手話で表現できる別の言葉】でもお話ししましたが、
 
「100個」などの言葉については「~個」という単位の表現が不要で、
 
今回取り上げた「100」という手話単体で表現することが可能です。
 
でも、すべての単位が表現不要かというとそういうわけではなくって、
 
ものによっては単位をしっかり表現する必要がある言葉もあるんですよ。
 

 
うぅ… なんか混乱してきた…
 
↑というそこのあなた!
 
以下の記事で、手話の単位について詳しくお話ししていますので
 
ご興味ありましたら一緒にどうぞです♪
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!


 

↑こちら、今 覚えておくと後々便利なので、ぜひご一読くださいね☆
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング