手話表現

手話の とても の表現を動画で解説!すごく、めっちゃ としても使える強調の表現!

 こんにちは~
 
今回は
 
「とても」という単語表現について解説していきます。
 
基本的な動詞や名詞の表現が身についてくると、
 
手話での会話がどんどん楽しくなってくると思いますが、
 
こういった+αの表現も覚えていくと、
 
会話の幅が広がってもっと手話が好きになりますよ!
 
本記事では、
 
「とても」という表現を動画で解説したのち、
 
使い方等についても説明を加えていきたいと思います♪
 
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

とてもって手話でどうやるの?

ではさっそく、「とても」という手話表現を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「とても」の手話動画はこちら
 

 
 
では、手話表現の補足説明に入りたいと思います。
 
片手の親指と人差し指を立てて、指文字の『む』のような形にしましょう。
 
で、その手の形のまま横にスーッと動かしていってください。
 
これで『とても』という意味になります。
 
ほかにも、『めっちゃ』とか『すっごく』とか、強調の意味を出したいときに使えますよ!

 
是非覚えておきましょう!

スポンサーリンク

手話単語の とてもを解説!

ちなみにですが、こちらの表現、より一層強調したいときは、『手話自体を強く表現する』という方法で表すことが可能です。
 
例えば、
 

 
今日の夕食、すっごくおいしかった!
 
とか、
 
 
あの映画、めっちゃ面白かったんだよ!
 
↑というように、感動を思いっきり表現したいときは、先ほどの手話を以下のように表現してみましょう。
 
 
力を込めて表現しているのが分かりますよね?
 
この時に、顔にも力をこめるような表情をつけるとより一層ネイティブに近い手話になりますよ♪
 
これに表情もつければ、より一層強調の意味を出すことができますので、合わせて覚えておいてください!

まとめ

今回は、「とても」という表現についてお話ししました。
 
手話の会話力をさらにアップさせたい!
 
という方は、以下の記事を順番にクリアしていくことを
 
オススメします!
 
コンプリートしたとき、あなたは格段に手話力が挙がっているはずです♪

 

 
ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング