アルファベットの表現

指文字の T ってどうやるの?国際手話でも使える表現をわかりやすく解説!

【本記事でわかること】
 
 ・「T」という指文字の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話の指文字を画像付きで解説!

まずは、指文字の「T」の表現方法を画像でご確認いただきましょう!
 

指文字の「T」の表現はこちら
 

 
 
はじめに、指文字の表現についてお話ししておきたいと思います♪
 
こちらの表現、パッと見だとどういう手の形になっているのか混乱する方もいらっしゃるかもですが、手の形自体は簡単ですよ♪
 
まず、じゃんけんのグーの形のように手を握ってください。
 
で、その状態から親指を人差し指と中指の間に挟み込みましょう。
 
これで「T」になります。
 
ただこの表現、お察しの通り、若干表現しづらいんですよね 汗
 
 
なので、最近では別の表現をする方もいまして、
 
イメージとしては、親指も立てた状態で指文字の「そ」の手の形をする、というような方法になります。
 

別の言い方をすると、指文字の「れ」の手の形で、指文字の「そ」を表現する、という感じですねw(わかりづらいでしょうか… 汗)
 
どちらの表現も覚えておくと、
 
会話の際に相手が使ってきても落ち着いて対応ができますから、両方覚えておくことをオススメしますよ~

 

 
 

合わせて読みたい!

 
手話の読み取りのコツ&指文字もわかるようになる練習法をご紹介!

手話の読み取りのコツ&指文字もわかるようになる練習法をご紹介!

 
↑この記事では、
 

 
手話の読み取りってどうも苦手で・・・
 
という方に向けて、
会話の際の視線の位置や、読み取りのコツなどをご紹介しています!
 
是非合わせてチェックしてみてください♪

スポンサーリンク

ここからはちょっとおまけの話をしていきたいと思います。
 
アルファベットの指文字については、大きく分けて2種類がありまして、
 
 ・世界で通じる共通のアルファベットの指文字
 ・日本でしか通じない独自のアルファベットの指文字
 
↑の2つがあるんです。
 
ちなみに、本記事でご紹介したのは、前者の世界共通の方ですのでご安心ください♪
 
 
私としては、どうせ覚えるなら世界共通の方がいいと思いますし、
そもそも私自身、かれこれ手話に携わって10年近くなりますが、日本独自のアルファベットを使ってる人は見たことがありませんw
 
なので、日本独自の方はあくまで余裕があったら、にして、
 
まずは世界共通のアルファベットの表現を覚えてしまうことをオススメします♪
 
頑張って覚えていきましょう!

こんな記事もオススメ!
 
 
この記事をお読みの方の中には、
 
 「ひらがなの指文字の表現が全然覚えられない…」とか、
 「表現自体は覚えてるんだけど、いざ表現するとなると混乱しちゃって…」とか、
 「相手が使う指文字が全然読み取れなくて…」とか…
 
人によってさまざまなポイントがありますよね。

 
でも、大丈夫です!
 
『これさえ読めば指文字マスタ―!』というコンセプトのもと、
 
指文字の苦手を丸ごと解決できる『指文字攻略記事』を作ってみました!
 
↓こちらです↓
 
指文字の覚え方&読み取り&表現方法まとめ!これさえ読めば完璧!
 

指文字の覚え方&読み取り&表現方法まとめ!これさえ読めば完璧!


 
こちらの記事では、指文字の効率的な覚え方、読み取り&表現の練習法、
 
知って得する指文字に関するワンポイントアドバイスなど、
 
役立つ情報満載となっていますので、合わせてチェックしてみてください!

 
ご参考になれば幸いです♪

 
 

  • アルファベット一覧はこちら♪
  •  
  • 指文字一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング