時間に関する表現

日曜日の手話表現は?単語の解説&動画付で分かりやすくお話しします!

【本記事でわかること】
 
 ・「日曜日」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「日曜日」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「日曜日」の手話動画はこちら
 

 

スポンサーリンク

 

この手話のワンポイント!

「赤+「休み」で『日曜日』!

 
まずは手話動作の方を簡単にお話ししますね。
 
『日曜日』という表現はちょっとだけ複雑でして、
 
まず最初に、片手の人差し指を立てて、唇を横になぞりましょう。
 
これで『赤』ですね。
 
で、続けて両手を開いて下に向け、そのまま閉じて「休み」と続けましょう。

 
この2つの表現で『日曜日』という表現になります。
 
『日曜日』という単語がこの表現になった由来について簡単にお話ししますと、
 
カレンダーから来ているという説が有力です。
 
思い出していただきたいのですが、日曜日ってカレンダーに赤く書かれているじゃないですか。
 
それでいて、多くの人がお休みなのも日曜日。
 
というわけで、「赤」+「休み」で『日曜日』という表現になったといわれているんですね。
 
理屈や由来は絶対に覚えなければいけないものではありませんが、
 
セットで覚えておくと定着率が違うので、合わせて覚えておきましょう♪
 
 
 
曜日の表現は、日常会話でも使いどころの多い単語の一つで、
 
手話初心者さんには特に覚えておいていただきたい単語表現になります。
 

 
今度の火曜日にランチしようよ!
 
↑みたいな、ちょっとした約束とかでも使えますからね♪
 
こんな記事もオススメ!
 
日付の表現はこれで完璧!
 

手話の自己紹介で誕生日の表現のやり方!動画付きで分かりやすく解説!


 
↑こちらの記事では、曜日の表現を覚えた後にマスターしておきたい
 
日付の表現について詳しく解説した記事になります。
 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング