指文字

指文字の き の表現は?手話を画像付きで解説&知って得する情報集!

【本記事でわかること】
 
 ・「き」という指文字の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話の指文字を画像付きで解説!

まずは、指文字の「き」の表現方法を画像でご確認いただきましょう!
 

指文字の「き」の表現はこちら
 

 
同じ手話で表現できる別の言葉

・(胸くらいの高さで2、3回振って)「だます」「ごまかす」

 
最初に、表現方法について簡単にご説明しますね♪
 
まず、指文字は動きがほとんどない表現が多く、
 
50音にそれぞれ対応した手の形をパパパっと表現していく感じになります。
 
で、今回取り上げている「き」ですが、
 
勘のいい方はもうお気づきかもですね♪
 
そう!「きつね」の形なんですね。
 
諸説ありますが、「きつね」の「き」ということで、
 
「き」になるわけですね♪
 
ちなみに、【同じ手話で表現できる別の言葉】でご紹介した
 
「だます」「ごまかす」についてですが、
 
「きつねに化かされた」という表現もあることから、
 
この指文字の形を使った手話ができたと考えられているんです。
 
こう考えていくと、手話ってとっても面白いですし、
 
奥が深いですよね!

スポンサーリンク

で、指文字は、何かと便利なので
 
特に初心者さんにはとっかかりとして覚えるといいですよ!とお伝えしているのですが、
 
便利な反面、最初の挫折ポイントだったりするんですね。
 
(やっぱり世の中そんなに甘くないんです 汗)

 
というのも、
 
 「指文字の表現が全然覚えられない…」とか、
 「表現自体は覚えてるんだけど、いざ表現するとなると混乱しちゃって…」とか、
 「相手が使う指文字が全然読み取れなくて…」とか、
 
覚え方、読み取り、表現など、様々な苦手ポイントが存在するんです。
 
でも、大丈夫です!
 
『これさえ読めば指文字マスタ―!』というテーマのもと、
 
指文字の苦手克服をサポートする解説記事を作りました!
 
↓こちらです↓
 
指文字の覚え方&読み取り&表現方法まとめ!これさえ読めば完璧!
 

指文字の覚え方&読み取り&表現方法まとめ!これさえ読めば完璧!


 
指文字の効率的な覚え方に、読み取り&表現の練習法、
 
知っておくと得する指文字に関する豆知識など、
 
ボリューム満点でお届けしてます!

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 指文字一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング