数字の表現

900のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「900」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「900」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「900」の手話動画はこちら
 

 

同じ手話で表現できる別の言葉

 ・900個
 ・900回
 ・900冊
 ※詳しくは後述します

 
手話表現の仕方についてですが、めっちゃ簡単ですw
 
数字の「9」を表現した手を横に向けてから、
 
上に向けて直角にピンっと立てるように表現します。
 
人によっては、真上ではなく斜め上くらいで止める表現の人もいますが、
 
どちらの場合でももちろん意味は一緒ですので、
 
基本形の表現として、参考動画の表現を覚えておいていただけましたらです♪

スポンサーリンク

 
さて、お次は、この記事のもう一つの重要ポイントである、
 
【同じ手話で表現できる別の言葉】についてのお話をしたいと思います。
 
先ほど挙げた3つの例をもう一度見ていただきたいのですが、
 
パッと見ていただくだけで、あることにお気づきいただけるかと思います。
 
そう!
 
どれも『数字 + 単位』という組み合わせでできていますよね?
 
これが何を意味しているかというと…?

 

手話の世界では、単位は表現しなくてもいいんということなんです!
 
でも、でもですよ?
 
この法則、すべての単位の表現に言えることではなくて、
 
数字とセットでしっかり表現しなければならない単位というのも存在するんです。
 

 
ん? …つまり、どういうこと?
 
と、プチ混乱中の方もいらっしゃると思います。
 
そこで! 単位にまつわるお話をより詳しくまとめた記事を作ってみました!
 
↓その記事がこちら↓
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 
単位が必要な単語とそうでない単語の使い分けの方法などを、
 
例とともにご紹介していますので、
 
この機会にセットで覚えてしまうといいと思いますよ!

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング