数字の表現

300のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「300」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「300」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「300」の手話動画はこちら
 
 
同じ手話で表現できる別の言葉

 ・300回
 ・300冊
 ・300個
 ※詳しくは後述しております

 
まずは手話表現について軽く補足説明をしたいと思います。
 
といっても、表現自体はとっても簡単ですよ♪
 
数字の「3」を表現した片手を、横に向けて
 
上に向かって直角にピッと上げるようにして表現します。
 
難しい表現ではないので、すぐに覚えられると思います♪

スポンサーリンク

 
で、参考動画の前にご紹介した【同じ手話で表現できる別の言葉】についてですが、
 
ぶっちゃけこちらの方がこの記事のメインテーマというか、
 
覚えておいていただきたい重要なポイントだったりするんですね。
 
というのも、手話の世界では、
 
「単位」の概念が少し特殊でして、
 
表現する言葉によって単位の要る/要らないが変わるんです。
 
もう少し具体的に言いますと、
 
数字とセットで単位の表現が必要な言葉もあれば、
 
数字のみの表現でOKな言葉も存在するということです。

 
でなのですが、ここまでお読みの方の中には
 

 
ん?
 え~~っと、
 つまり… どういうこと?
 
という方もいらっしゃいますよね。

 
そんなあなたは、ぜひ以下の記事で、
 
手話における単位のイロハをマスターしちゃってください!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 
単位の使い分けや、
 
単位の表現が要る言葉とそうでない言葉の見分け方など、
 
【これさえ読めば手話の単位がまるっとわかる!】をコンセプトに書いてみました♪

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング