手話表現

東 の手話表現を動画で!単語は由来とやり方をセットで覚えよう!

東の手話

こんにちは~
 
今回は
 
「東」という単語表現について解説していきます。
 
基本的な動詞や名詞の表現が身についてくると、
手話での会話がどんどん楽しくなってくると思いますが、
 
こういった+αの表現も覚えていくと、
会話の幅が広がってもっと手話が好きになりますよ!
 
本記事では、
「東」という表現を動画で解説したのち、
使い方等についても説明を加えていきたいと思います♪
 
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

東って手話でどうやるの?

ではさっそく、「東」という手話表現を動画でご確認いただきましょう!
 

「東」の手話動画はこちら
 

スポンサーリンク

 
 
では、手話表現を解説していきましょう~
 
まず、両手の親指と人差し指を立てて、指文字の『れ』の形を作りましょう。
 
そしたら、その形を保ったまま両手を上にスッと上げてください。
 
これで『東』ですね。
 
ちなみに、この手の状態で2回上下するように表現すると、
東の都『東京』という手話になります!
 
合わせて覚えておいてくださいね♪
 

 
 

まとめ

 
手話の会話力をさらにアップさせたい!
 
という方は、以下の記事を順番にクリアしていくことをオススメします!
 
コンプリートしたとき、あなたは格段に手話力が挙がっているはずです♪

 

 
↑この記事でわかること

・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現 …などなど

 
ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

耳寄り情報を今すぐチェック!

手話の会話力をグイグイ上げる魔法のテキストがある!?
手話での会話
↑詳細は画像をクリック!

みなさんからのコメント
人気の記事はこちら!
運営者 すももん

↑プロフィールはこちらの画像からどうぞ♪

カテゴリー
  最近の投稿
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング