スポーツの表現

トライアスロンは手話でどうやるの?スポーツの表現を動画で解説!

【本記事でわかること】
 
 ・「トライアスロン」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「トライアスロン」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「トライアスロン」の手話動画はこちら
 

 

スポンサーリンク

この手話のワンポイント!

・特殊な表現なので注意!

 
では早速、手話表現を解説しますね♪
 

この手話は、スポーツの手話の中ではレアなケースで、スポーツのイメージと表現がぴったりリンクしていない単語になります。
 
でも難しい手話ではないので安心ですよ~
 
やり方としては、片手を指文字の『れ』、もう一方の手を指文字の『と』の形にして、
 
『と』の形を作った手の方を三角形を描くように動かしていきましょう。
 

これで『トライアスロン』という表現になりますね。
 
シンプルな表現が多いスポーツの手話の中では特殊な表現の単語になりますので、
 
パッと見だと「ん?なんでこの表現?」と思われる方も多いかもしれません。
 
参考動画等もご活用いただき、しっかりと覚えていきましょう!

 
 
 
スポーツの表現は、
 
そのスポーツの特徴や、スポーツをしている人の様子や動作を持ってきたものが多いんですね。

 
なので、一見するとジェスチャーのように感じる方もいらっしゃるかもですが、
 
れっきとした手話なので、安心してどんどん使っていきましょう!
 

 
こんな記事もオススメ!
 

↓手話で趣味の話を相手に話すやり方はこちら!
 

手話での自己紹介で趣味の表現ってどうやるの?動画付きで解説!


 
こちらの記事では、
 
手話で相手に自分の趣味を伝えるやり方について詳しく解説しています。
 
今回覚えた単語をさっそく使ってみるチャンスですので、
 
ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね♪

 
さらなるボキャブラリーアップを目指して、ぜひご活用ください!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング