手話表現

~だけ の手話表現を動画で解説&ワンポイントアドバイス!

【本記事でわかること】
 
 ・「~だけ」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「~だけ」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「~だけ」の手話動画はこちら
 
 
このように、片手を上に向けて開き、
 
その手の上に人差し指を立てたもう一方の手をトンと乗せて表現します。
 

同じ手話で表現できる別の言葉

・~のみ
 ・唯一

 
この手話の根幹のイメージとしては、
 
やっぱり「~だけ」というイメージがベースですね。
 
それに付随して、「~のみ」などの意味でも用いることが可能です。

この手話は、右手、左手どちらを下にして表現しても大丈夫です。
 
利き手等を鑑みて、表現しやすい方でOKです!

 
 
ちなみにですが、意外と多い誤用として、
 

 
この問題、僕にしかでできないんだぜ♪
 
↑という風に自慢したい場合、

 
単語をそのまんま手話に変換して
 

 
「この」「問題」「僕」「だけ」「できない」
 
↑と表現すると、『この問題、僕だけできない(解けない)…』という意味になってしまいますw
 
なので、今回の場合は日本語の意味をしっかりととらえ、
 
 
「この」「問題」「僕」「だけ」「できる」
 
↑というように、文末を『できない』ではなく『できる』で表現することで
 
「この問題、僕にしかでできないんだぜ♪」という意味を表現することができます。
 

(この話、最初は難しいかもですが、理解できるまでぜひとも繰り返しお読みいただけましたらです)
 
合わせて覚えておくといいですよ♪
 
 
 
こんな記事もオススメ!
 

会話で超使える手話単語を動画で徹底解説!
 

会話で超使える手話単語を例文とともに動画で徹底解説します!


 
↑こちらの記事では、会話での登場頻度が高い、
 
覚えておくととっても便利な単語を抜粋してまとめてみた記事になります。
 
具体的には、以下のような単語をご紹介しています♪
 
・進行形「~しています」の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・過去形の表現
・推定の「~かもしれない」の表現
・否定の「~ない」の表現
・「~してください」の表現
・「~したい」の表現
・同意の「ですよね♪」の表現
 
これらをマスターするだけで

 

一気にあなたの手話トークのスキルがアップすると思いますので

 
ぜひこの機会にまるっと覚えてしまいましょう!

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング