名前の表現

伊藤という苗字の表し方を手話動画で!名前の表現を詳細解説!

【本記事でわかること】
 
 ・「伊藤」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「伊藤」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「伊藤」の手話動画はこちら
 
 
この手話のワンポイント!

・指文字の『い』と『藤』で『伊藤』!

 
では早速、手話表現の解説をして行きましょう!
 
この手話も、例のごとく2つの手話を合わせた表現となっています。
 

まず最初に指文字の『い』を表現します。
 
で、その後に『藤』を続けます。
 
『藤』は、片手を開いて伏せ、もう一方の手をねじりながら下ろしていきます。
 
この2つの表現で『伊藤』となるわけですね。

 
ちなみにですが、『伊東』さんの場合は、『藤』ではなく
 
指文字の『い』+『東』という表現になります。
 

難しい手話ではありませんので、この機会に覚えちゃいましょう♪

スポンサーリンク

 
苗字の表現は、多くの場合
 
漢字を別々に表現する場合が多いです。

 
そのため、いくつかの苗字の表現を知っておけば
 
芋づる式に表現できる苗字が増えていきますよ♪
 

 
こんな記事もオススメ!
 

↓手話の自己紹介はこれを読めばバッチリ!
 

手話初心者向け!勉強法や指文字の覚え方、自己紹介のやり方まとめ!


 
こちらの記事では、
 
名前の表現のおさらい記事だけでなく、誕生日、住所などのやり方も解説しております♪
 
この記事で名前の表現はバッチリになったあなたも、
 
さらなるボキャブラリーアップを目指して、ぜひご活用くださいね!
 
 

  • 名前の表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング