手話表現

頑張るって手話でどうやるの?応援の表現を動画で解説します!

こんにちは~
 
今回は、「頑張る」という単語の手話表現についてお話ししていきますね。
 
以前、手話のありがとうを動画で解説!由来や使い方も表現とまとめてご紹介!
 
という記事で「ありがとう」という単語の表現方法について
 
お話ししましたが、「頑張る」という単語も、
 
負けず劣らず使いどころの多い単語だと思うんですね。
 
なので、この機会に表現をバッチリ覚えてしまいましょう!
 
というわけで本記事では、
 
「頑張る」という単語の手話表現を動画で解説したのち、
 
表現の際のワンポイントアドバイスもお話ししていこうと思います。
 
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

頑張るって手話でどうやるの?

ではまず最初に、
 
「頑張る」という手話の表現を動画でご紹介しますね!
 

 

こんな風に、両手のひらを握って、
 
腕を曲げて胸の前までもってきて、上下に2回ほど振る動作になります。
 
とっても簡単ですよね☆
 
この単語、何が便利って、
 
これ一つで会話が成立しちゃうんですよw
 
 
例えば、自分に対して表現すれば、
 

 
よし 頑張るぞ
 
↑という意味合いになりますし、
 

相手に対して表現すれば
 

 
頑張って!
 
という風に使うこともできます。
 

腕を振る動作の強弱で、思いの強さも表すことができますし、
 
覚えておいて損はない単語表現だと思いますよ♪
 

ちなみにこの単語、
 
「元気」という意味もありますので、
 
友だちと別れ際に「元気でね!」という際にも
 
使うことができますよ~

スポンサーリンク

頑張るという手話のワンポイントアドバイス

では、ここからはおまけのお話ということで、
 
表現の際のちょっとしたポイントをお話ししていきますね。
 
えっと、実はこの「頑張る」という手話、
 
似た表現の単語がいくつか存在するんです。
 
具体的に言うと、「生きる」とか「~する」とかがそうなのですが、
 
腕を曲げて握ったこぶしを胸のあたりに持ってくるという
 
基本の姿勢がどれも同じなんです。
 
で、その腕を左右に動かすと「生きる」になり、
 
前に出すと「~する」という表現になるのですが、
 
これらの手話を混同している方って結構いらっしゃるんですよ。
 
これは、それぞれの表現がごっちゃになって混乱してしまっているというよりも、
 
単純に「頑張る」という手話表現の動作を覚え間違っている
 
というケースの方が多くて、
 
なんだか話がかみ合わなくて、やっと自分の手話が間違っていたことに気づく、
 
みたいなことがよくあるんですね。
 
念のためもう一度お伝えしておきますと、
 
「頑張る」という手話は、上下に2回ブンブンする動作です。
 
間違えないよう、しっかり覚えてくださいね!

まとめ

今回は、「頑張る」という手話についてお話ししました。
 
この単語を表現するときは(他の単語でもそうですが)
 
表情もしっかり乗せて表現することを忘れないようにしましょうね。
 

 
手話に表情を付けるのって結構難しいんだよな~
 
↑とお悩みの方に向けて、
 
以下の記事でちょっとしたコツをお伝えしていますので、
 
ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね♪
 
表情のつけ方が手話を豊かにする!自然な顔になれる練習法は?
 

表情のつけ方が手話を豊かにする!自然な顔になれる練習法は?

 
ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング