色の表現

銀の手話は?色の表現を単語別に動画付きで徹底解説!

【本記事でわかること】
 
 ・「銀」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「銀」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「銀」の手話動画はこちら
 

 

スポンサーリンク

 

この手話のワンポイント!

「白」+「金」で『銀』!

 
まずは手話動作の方を簡単にお話ししちゃいますね。
 
この手話は、2つの表現を合わせた手話になっています。
 
まず最初に「白」という手話を表現してください。
 

 
続けて、「金」という手話を表現すれば、二つの表現を合わせて『銀』という意味になりますよ!
 

 
「白」と「金」という感じだけ見ると、「白金(プラチナ)」という意味と混同しがちですが、
 
手話の世界では『銀』という意味になりますのでご注意くださいね!
 

 
 
 
色の表現は、日常会話でも使いどころの多い単語の一つで、
 
手話初心者さんには特に覚えておいていただきたい表現と言えます。
 

 
でも、色の名前ってたくさんあるから、覚えきれるか心配…
 
↑という方もいらっしゃるかもしれませんが、どの表現にも由来があるので、
 
色の名前と由来とをセットで覚えればだいぶ覚えやすくなります♪
 
ぜひ、身構えずに楽しんで覚えていきましょうね!
 
 
ご参考になれば幸いです♪
 
 
スポンサーリンク

    色の表現   0



コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

人気の記事はこちら!
  最近の投稿
カテゴリー
みなさんからのコメント
アーカイブ
ブログランキングはこちら!

応援のクリック、大変喜びます♪


人気ブログランキング