名前の表現

平野という苗字の表し方を手話動画で!名前の表現を詳細解説!

【本記事でわかること】
 
 ・「平野」という手話単語の表現方法
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「平野」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「平野」の手話動画はこちら
 
 
この手話のワンポイント!

・『平』と指文字の『の』で『平野』!

 
では早速、手話表現を解説しますね♪
 
例のごとく、この手話も2つの手話を合わせた表現です。
 

まず最初に、片手を開いて下に向け、
 
そのまま水平に横に動かしましょう。
 
これで『平』という表現になりますね。
 
平らに手を動かす動作で『平』というわけです♪
 
覚えやすいですよね!
 

 
で、『平』と表現した後は、
 
指文字の『の』を続けましょう。
 
これで先の『平』と合わせて、『平野』という苗字が完成です!
 
サクッと覚えてしまいましょう♪

スポンサーリンク

 
苗字の表現は、多くの場合
 
漢字を別々に表現する場合が多いです。

 
そのため、いくつかの苗字の表現を知っておけば
 
芋づる式に表現できる苗字が増えていきますよ♪
 

 
こんな記事もオススメ!
 

↓手話の自己紹介はこれを読めばバッチリ!
 

手話初心者向け!勉強法や指文字の覚え方、自己紹介のやり方まとめ!


 
こちらの記事では、
 
名前の表現のおさらい記事だけでなく、誕生日、住所などのやり方も解説しております♪
 
この記事で名前の表現はバッチリになったあなたも、
 
さらなるボキャブラリーアップを目指して、ぜひご活用くださいね!
 
 

  • 名前の表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントは2件です

    1. 平野 より:

      初めまして。
      手話表現で地名を調べていて、こちらのサイトに出会いました。
      初めはこの角度の動画に驚きましたが、大変勉強になります。

      さて今回コメントさせていただいたのは「平野」の表現です。

      すももんさんがされているのと同じように、私もこの表現が片手で表せるので、好んで使っています。
      が、ろう者の方には「えっ?」って顔をされます。

      「普通」+「ノ」でしょ?と言われ、片手の「平ら」+「ノ」は受け入れられないことが多いです。

      片手で表現が簡単だし、私の面倒くさがりな性格で合ってる♪と言いたいのですが、手話レベルも低い健聴者(私)が、ろう者に意見するのはタブーな雰囲気です。

      何も「私はこっちで!」と言いきりたいわけではありませんが、ダメなのかなぁと渋々変更しております。

      そんな中、こちらでこの表現を拝見し、「やっぱりありやーんv(´▽`*)」と、とても嬉しかったです。

      これからも楽しみに、勉強の参考にさせていただきます。
      ありがとうございました。

      • sumomon より:

        平野さん

        コメントありがとうございます♪

        確かに、『平野』の名字は、「普通」+「(指文字の)の」で表す場合もありますからね~

        (「普通」≒「平凡」から、「普通」という表現も使えるという感じですね)

        でも、私の周りの『平井』さんという方も「平ら」+「井」で表してますし、ほんとにどっちの表現を使っても大丈夫なんだと思いますよ♪ 

        この度は、うれしいコメントありがとうございました!

        ぜひ、これからも楽しく手話を学んでいってくださいね♪

    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング