数字の表現

4000のやり方を手話動画で!数字の表現を詳しく解説します!

【本記事でわかること】
 
 ・「4000」という手話単語の表現方法
 ・↑これと同じ手話で表現できる別の言葉
 ・この手話を表現する上での注意点やポイント
 
詳細は以下をどうぞ!

 

スポンサーリンク

手話動画で単語表現をマスター!

まずは「4000」という手話の表現方法を
 
動画でご確認いただきましょう!
 

「4000」の手話動画はこちら
 

 

同じ手話で表現できる別の言葉

 ・4000個
 ・4000回
 ・4000冊
 ※詳しくは後述します

 
まずは、手話の表現方法について簡単にお話ししますね。
 
数字の「4」を表現した手を横向きにし、
 
その手の形を保ったまま、漢字の「千」を大きく空中に書きます。
 
「4」という手話をした状態で「千」という字を書くので、両方を合わせて「4000」というわけですね♪
 
私、これを最初に知った時、ちょっと感動しちゃいましたw
 
理屈が分かってしまえば簡単ですので、すぐに覚えられると思いますよ!

スポンサーリンク

 
ここからは少し余談的な話になるのですが、
 
この手話は人によって"表現のクセ"が出やすい手話なんですね。
 
どういうことかというと、表現する人によって手話の形がちょっとずつ違ったりするんです。
 
特に、急いで表現したりすると、「千」ではなくて数字の「9」のような形に近くなることも多いですね。
 
でも、そこまで身構えることはなくって、
 
 
慣れてしまえば簡単ですのでご安心くださいね。
 
『基本の表現の形は「千」という字だけど、
 
人によっては「9」に見える』と覚えておくだけで

 
だいぶ違いますので、合わせて覚えておくといいですよ~

 
合わせて読みたい!
 
手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!
 

手話表現で単位ってどう表すの?やり方と使い分けを解説!

 
↑こちらの記事では、数字と合わせて使うことの多い「単位」に関するお話をまとめた記事です。
 
手話の世界の単位は少し独特なルールを持っているものもありますので、
 
この機会にボキャブラリーを一気に増やしちゃいましょう!

 
ご参考になれば幸いです♪
 
 

  • 数字表現 一覧はこちら♪
  • スポンサーリンク



    コメントフォーム

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    コメント

    人気の記事はこちら!
      最近の投稿
    カテゴリー
    みなさんからのコメント
    アーカイブ
    ブログランキングはこちら!

    応援のクリック、大変喜びます♪


    人気ブログランキング